おりものと病気の関係

細菌性膣炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものが酷い悪臭を放つ場合は細菌性膣炎の可能性があります。

とりわけ魚介類の腐敗臭のような悪臭で、膿が混じるとくすんだ黄緑(鼻水のような)になる場合がある。
(時に灰色っぽいおりものになる場合もある)

細菌性膣炎はカンジダやトリコモナスのように特定の菌の増殖によって発症するのではなく、一般的な細菌によって起る細菌感染ですので、その発生率は膣炎の中でも非常に高い。

細菌性膣炎になると膣は赤く腫れて痒みや熱感などの症状がある。

おりものの自浄作用

もともとおりものにはデーテルライン桿菌という善玉菌によって乳酸が生み出され、少しすっぱい臭いになるのが普通でこのデーテルライン桿菌の働きによって雑菌の侵入・増殖は抑えられていますが、ホルモンバランスの異常や心身のストレスまたは不規則な生活習慣などの要因によっておりものに含まれるデーテルライン桿菌が減少すると、雑菌が膣内で繁殖し炎症や悪臭の原因となります。
(デーテルライン桿菌には膣内の自浄作用がある)

細菌性膣炎の原因となる細菌は大腸菌やブドウ球菌、腸内の細菌などごく一般的な常在菌ですが、これらの菌を抑制するおりもののデーテルライン桿菌の減少によって増殖し細菌性膣炎を引き起こすということですが、特にガードネレラ菌が増殖した場合には酷い悪臭となる。

ガードネレラ菌はあまり聞き覚えの無い菌かもしれませんが、これもおりものに常在する桿菌の一種(多形性・非運動性)。

においの原因は「菌」

いずれの菌にしてもデーテルライン桿菌がストレスや体調不良などの要因などによって減少することによって増殖し、痒みや悪臭を引き起こす。

治療方法としては抗生物質常在の処方や、膣内へ抗生物質タブレットの挿入、また膣内洗浄を行う場合もあり、一般的には数日の治療で症状が治まるが実際には再発する場合が多く完治には長期期間を要する場合がある。

処方される薬は症状や増殖した菌の種類によって異なりますが、トリコモナス膣炎の治療薬であるフラジールのタブレットが多く、このタブレットはデーテルライン桿菌にダメージを与えることなく、ガードネレラ桿菌を減少させる。
(薬によっては雑菌だけでなく善玉菌にまでダメージを与える薬もあるので注意が必要)

この細菌性膣炎にかかっている状態では、おりものはデーテルライン桿菌に守られていない状態であるともいえるので、合併症を引き起こす可能性も高くなるので、おりものの異常や異臭を感じたらなるべく早く婦人科で受診しましょう。

まとめ

おりものが魚介のような悪臭を放つ場合細菌性膣炎の可能性。

膿や雑菌のためくすんだ黄緑、または灰色っぽくなることがある。

おりものの善玉菌が減少することによって一般的な雑菌によって発症する。

ガードネレラ菌が増殖すると特に酷い悪臭になる。

ガードネレラ菌も常在菌の一種

体調不良やストレス、または不規則な生活習慣によって引き起こされることがある。

抗生物質の投与や膣内洗浄によって治療

一般的には数日で症状は治まるが、再発する可能性は高い。

フラジールのタブレットはデーテルライン桿菌にダメージを与えることなく雑菌を抑えることができる。

細菌性膣炎になっているとおりものの善玉菌が少ない状態といえるので別の病気になりやすい。

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで