おりものの正体

年代ごとのおりもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものの量や状態は女性ホルモンと密接な関係がありますが、またそれと同様に年代によっても大きく変化をします。

女性は年を重ねていくとおりものの量が減少していく傾向にありますが、おりものは妊娠できる体制に整える働きを持つことから、妊娠できる年齢であれば増加の傾向にあるといえます。

それでは年代別にどのように「おりものの状態」が異なるのかをご紹介していきましょう。

10代のおりもの

所長を迎える前であればおりものの分泌はほとんどなく、女性ホルモンの分泌が高まり初潮を迎えると徐々におりものの分泌も始まります。

実際には初潮を迎える少し前の段階で卵胞ホルモンの分泌は始まっており、ここ近年では初潮を迎える年齢が早まっている傾向にあります。。

20代のおりもの

女性ホルモンの働きが非常に活発な時期で、ホルモンの働き及び卵巣機能が充実してきます。

この年代では膣壁や子宮頸管やバルトリン腺などからも分泌液が分泌されるようになり、おりものの量は増加傾向にあります。

また卵胞ホルモンの働きが女性の健康を守り、女性が女性らしくなる時期。

妊娠期のおりもの

妊娠期であればお腹の赤ちゃんを守るためにおりものの量が増えます。

特に妊娠初期であれば非常におりものの量は増え、またおりものの酸性度が高まる。

妊娠すると胎盤が出来上がるまで黄体ホルモン(プロゲステロン)が働き続け子宮内膜の状態を維持します。

30代のおりもの

卵巣機能が充実し、おりものの量は引き続き多い。

女性が女性らしくあり、妊娠するための体制が安定する時期でもあります。

40代のおりもの

この頃からおりものの量は減少傾向になります。

更年期に向かい卵巣機能が低下することに関連して卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」共に分泌が低下。

50代以降のおりもの

更におりものの減少傾向は続きます。

外陰部からの分泌物は分泌物は低下し、閉経後はホルモン変化はほとんどなくなる。

また膣壁が硬くなり、黄色っぽいおりものになる場合があります。
(黄色っぽいおりものの原因の一つはエストロゲンの不足です)

最後に・・・

女性の体は「妊娠~出産」に向けて、年代ごとに大きな変化を起こします。

女性らしい体を作り妊娠のための体作りを始める10代、卵胞を優しく包み込むための体作りが始まる20代、安定度を高めた30代と続き、徐々に体の中では妊娠の準備された妊娠のための環境の後片付けが始まります。

このことからもおりものと女性ホルモンとの密接な関係がうかがい知れますし、女性の身体には必要なものですので正しい知識を持って上手に付き合いたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

たった3日でデリケートゾーンの匂いを改善する方法

ほんの数日でデリケートゾーンの匂いがだいぶ軽減され、1週間も経つとおりもののニオイがほとんど気にならなくなったことを実感しました。

実は普通のボディーソープで体をガシガシ洗うと臭いがキツくなるもの。それは、汚れと一緒に体のにおいを「良い匂い」にしてくれる表皮ブドウ球菌まで減らしてしまうため・・・

女性らしい「良い匂い」を保つには、洗いすぎは禁物!

それでは、どうすればデリケートゾーンの臭いが気にならなくなるのかお教えします。

ロンタル ハーバル ジェルソープとは?

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで