性感染症について

梅毒などの症状を見逃さないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものの色や臭いに違和感がある場合、念の為に専門医を受診してみるのが梅毒などの病気を見逃さないためには正しい行動でもあります。

普段よりもおりものの色や臭いが強くなってきていたり、気になる症状が増えているというケースは特に要注意。

変化すること自体は梅毒などの性病ではなかったとしても、食生活やストレス、ダイエットなどの環境に伴ったものである可能性も高いですが、いつもと変わってきたと感じた際にはチェックしてみるのが安心できてくるところです。

おりものの変化に気付いたら

直感的におりものがおかしいと悩んでいるのであれば、病院での内診から問診までの一通りの検査を受けるのは意味があるものなのですが、アドバイスをしてもらえたりと不安を取り除くのにも好ましいと言えるわけです。

性病ではなくても婦人科疾患を疑ってみるのが無難ですが、おりものの症状を細かく観察しているとわかりやすいです。

もしおりものの変化に気付き、婦人科を受診するのに躊躇するようであれば自宅でできる性病検査キットなどもあります。

あまりにも色が黄色くなったり、または血が混じっているなどとこれまでよりも症状が目立ってきた場合にも警戒してみるのは悪くないですが、臭いがなくならなかったりと衛生的に清潔感を保ちにくいときにも病院に行ってみるときちんと対応してもらうことができます。

何か心当たりがあると考えられるものも浮かびやすくなりますが、放置しないのが一番です。

パートナーへの配慮が自分自身を救う

交際している相手がいるのであれば、その相手と一緒に病院に行くのがふさわしいですが、打ち明けてみると原因を突き止めるのにも役立ちやすくなるからです。

梅毒などの性病が発覚したとしても、適切な治療を受けると治るのがほとんどですが、日常生活でも気を遣うようにしたりと治るまでに心がけたいところはたくさんあります。

早期での発見ができるのが治療もスムーズになってきますが、少しでもおりものの色や臭いなどの症状に対しても、やや異常が見られた際には病院にかかりつけになってみるのがしっかりと治療できる段階で見つけるのにはもっともです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで