性感染症について

ビダール苔癬は皮膚病?性病?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性に特有のおりものから、色々な感染症の病気を早期に発見することができます。

おりものというのは女性器から分泌されるもので、女性器内部の色々な分泌物が混ざり合った液状のものです。

その色や臭いによって病気を発見できる・・・つまり、日々のおりものの変化に注目すると、病気や体調の変化を早期に知ることができるということ。

ただし分泌の量や色などには個人差があるので、普段から注意深く観察しておいて、自分のおりものの正常時の状態をよく把握しておくことが大切で、「このくらいの量」とか「こんな感じの色」というようなネット上で溢れている情報に惑わされるのではなく、「普段とどのように違うのか?」に注目すること。

女性器は色々な感染症にかかりやすい部位ですが、特に女性に多いのが膣カンジダという感染症で、女性の5人に1人は感染した経験があるといわれています。

カンジダ菌というのは健康な女性でも常に持っているもので、疲れや強いストレスを感じている時などに抵抗力が落ち、発症するケースが多いのです。

また再発を繰り返すことでも知られています。

おりものの変化に注意が必要!

症状としては外陰部のかゆみの他に、白くて粘度の高いおりものが出ることがあります。

また膣がヒリヒリしたり刺激を感じたり熱感があったりします。排尿時に痛みが出たり、性交渉時にも痛みが出る場合があります。

このような時は膣カンジダに感染している恐れがあるので、専門の医師に診察してもらうことが必要になります。

気を付けたいのは、症状が似ている他の病気の可能性もあるということです。例えばビダール苔癬なども外陰部に強いかゆみを発症します。

ビダール苔癬というのは皮膚病の一種で、感染症とは違います。

ビダール苔癬の症状

かゆみのある患部の表面が厚くなり、赤くなったり、皮膚の患部が固くなってボロボロとはがれたりします。

ビダール苔癬は中年以降の女性に多く見られる症状で、たむしと似ている病気です。

膣カンジダとは原因が違うので、治療は皮膚科にかかることになります。違いを見分けるのはおりものに異常があるかどうかという点です。

もしも普段の状態と違って、色や臭いに変化があったら膣カンジダか他の感染症の疑いが強いので、すぐに産婦人科か泌尿器科で検査をする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで