おりものとホルモンの関係

女性ホルモンとおりものの密接な関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものと女性ホルモンには密接な関係があります。

女性ホルモンとは一般的には女性を女性らしく保つためのホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)を指すことが多いのですが、女性ホルモンはその卵胞ホルモンともう一つ黄体ホルモン(プロゲステロン)の総称です。

おりものの量は月経周期にあわせて多くなったり少なくなったりするもので、月経終了後から排卵期に向かうにつれておりものの量が増え、排卵後はまた徐々におりものの量が減っていく。

このようなおりものの量が月経周期にあわせて変化することこそが女性ホルモンの分泌が正常であることを示しています。

もしもおりものの量が少ないと思われる場合は卵胞ホルモン自体が少ないという場合も考えられます。

おりものの量と女性ホルモン分泌とのバランスは排卵期に向かうにつれて卵胞ホルモンの分泌が活発になるにつれて「おりもの」の量は増えていき、今度は排卵が終わり黄体期に入り黄体ホルモンの分泌が活発になってくるとおりものの量は減少していくというサイクルを繰り返します。

2つの女性ホルモンとおりものの関係

二つの女性ホルモンのうち卵胞ホルモン(エストロゲン)は主に女性を女性らしく保つための働きをし、子宮内膜の環境を整え妊娠に備え、また基礎体温を下げる働きがある。

もう一つの女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)は主に受精卵を子宮内膜に着床可能な状態を整え、基礎体温を上げる働きを持ち、また妊娠を助ける(継続する)働きを持つ。

一般的に女性は卵胞ホルモン(エストロゲン)が活発な時期は心身の状態(お肌や精神的にも)が安定し、逆に黄体ホルモン(プロゲステロン)が活発な時期にはお肌が荒れたり精神的に不安定になったりすることもありますが、これも妊娠・出産のために大切な時期です。

卵胞ホルモン(エストロゲン)にも黄体ホルモン(プロゲステロン)にも特徴がありますが、「どちらが大切なのか?」ということはなく、お互いのバランスが大切です。

これら女性ホルモンのバランスによって女性が女性らしい体を保ち、また妊娠出産できるような身体になるのですが、この「バランス」というものは非常にデリケートにバランスを保たれており、精神的ストレスや身体的なストレスをはじめ不規則な生活習慣などによってもこのバランスは崩され、このバランスの乱れが身体に影響を及ぼすことになります。

おりものの量の増減や状態の変化が2つの女性ホルモンと密接な関係にあるということは、おりものの状態を知ることで身体の状態を知ることができるということにもなります。

「あれ?普段とおりものの状態が違う」とか「いつもよりおりものの量が多い(少ない)」「血が混じっている・色が違う」などといった場合、おりものの変化だけではなく身体に何らかの変化があったということを知ることができます。

それだけおりものと女性ホルモンには密接な関係があり、また身体の状態とリンクしていることを知っておきましょう。

まとめ

おりものは女性ホルモンと密接な関係がある

女性ホルモンとは卵胞ホルモン(エストロゲン)ともう一つ黄体ホルモン(プロゲステロン)の総称

おりものの量は月経周期にあわせて変化する

卵胞ホルモン(エストロゲン)は女性を女性らしく保つための働き(基礎体温を下げる)

黄体ホルモン(プロゲステロン)は受精卵を着床可能な状態を整える(基礎体温を上げる)

二つの女性ホルモンのバランスは非常にデリケート

おりものの状態などによって体調の変化を知ることができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私もしかして臭ってる? : どうすればいいのか教えます

あなたに「え?私もしかして臭ってる?」という不安を解消するページをご用意しました。

おりもの・デリケートゾーンが臭うのには原因があります。イザというとき簡単に臭いを軽減する方法があれば興味がありませんか?
是非あなたの臭いの悩み解消にご活用ください。

おりものの嫌な臭いを軽減する方法

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで