性感染症について

性感染症について注意すべきおりものの変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

膣からの分泌物を、一般的に「おりもの」といい、婦人科外来でもっとも多い訴えがその異常であり、子宮・膣・外陰部の異常の早期発見にとって大変重要なものだと言えます。

月経から月経の間におりものが増えるのは、生理的に正常な現象であり心配ありませんが、ときにはその異常に注意しなければならないときがあります。

例えば、泡のような黄色で、量が多くなり、外陰部が痒くなるのは、トリコモナスという原虫で膣炎を起こしている可能性があります。

最初は量が多いだけで自覚症状は殆どありませんが、しだいに臭いはじめ、徐々に外陰部が痒くなるといった症状が現れるのです。

おりものの正常な状態は?

普段のおりものの色は、透明で卵白に似ているような粘液です。

頚管粘液が主体となっていて、白血球やはがれた膣壁細胞がまじると白色やクリーム色になり、下着について乾くと黄色になります。

弱酸性のため、すこし甘酸っぱいにおいがしますが、通常臭みはありません。

先に述べたように、色や臭いに異常を感じた場合は、あらゆる病気が考えられるため、早めに婦人科に受診することが必要です。

おりものの変化と異状

色や臭いの異常に気づくサインは、まず月経と無関係におりものの量が増えることから始まります。

それから、黄色くて膿状で、排尿痛を伴うものや、黄色くて悪臭がするもの、茶褐色で血液が混じるもの、ピンク色・褐色・赤色のついたもの等、さまざまな症状が体のサインとしてあらわれます。

これらの症状は、カンシダ菌による膣炎であったり、非特異性膣炎、老人性膣炎、子どもの膣炎、淋菌による膣炎などがあります。

淋菌による膣炎の場合、夫や性交渉のパートナーも尿道炎を起こしている場合があるので注意が必要です。

また、白色や白黄色のおりものがわずかに増え、ほかにほとんど自覚症状がない場合は、自浄作用がすこし低下して雑菌が増えているときや、クラミジアによる子宮頚管炎を起こしている場合があります。

子宮頚管炎は、経産婦の60%にみられ、不妊症になることもあります。

それは子宮頚管が分娩時に損傷を生じやすく、感染に比較的弱い部分であることが原因です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで