性感染症について

性感染症は”気付く”のが大切だということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性感染症のことをSTDと呼びますが、最近は密かに感染が広がっているといわれています。

その理由としては、他の感染症とは違って性に関わる病気なので人に相談しにくい、病院にいくのも恥ずかしいと公になりにくい(したくない)ということが考えられます。

性感染症にはどのような病気があるかというと、代表的なものとしてはクラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペス、トリコモナス感染症、梅毒、肝炎、HIV感染などです。

HIV感染というのは、いわゆるエイズのことで、Human Immunodeficiency Virusの頭文字をとったものです。
(ヒト免疫不全ウイルス)

これらの感染症を放置すると、性行為によって皮膚や粘膜を通して他の人々へと広がって危険があります。

これらの感染症は、おりものの色や臭いに注意をすることで早期発見できるのです。

そもそも「おりもの」って何?

おりものというのは女性器から出る様々な液体が混ざり合った分泌物です。

主に膣壁の古い細胞や子宮頚管などから出た粘液、皮脂腺や汗腺から出た分泌液などが混じり合っているので、子宮や性器の部位などに異常があると色や臭いでわかるのです。

ほとんどの性感染症は自覚症状があまりないので、気付かないで見過ごすと病状が進行します。

そして治療で治ったとしても不妊症などの後遺症が残ります。そうならないためにも、普段からおりものに注意を払う必要があるわけです。

異常の基準となる症状としては、おりものの量が急に増えたら注意が必要です。

色に赤みが混じっていたりすると出血が起こっているので、すぐに医師の診察を受けるべきですね。

また色と共に臭いが急に変化している場合にも、子宮内部で異常が起こっている証拠になりますので、注意が必要。

おりもの以外の注意点

また外陰部に水疱やイボができたり、痛みやかゆみがある場合も性感染症にかかっている可能性があります。

性交時にも性器から出血したり、排尿時に痛みがある場合は要注意です。このような自覚症状がある場合は、すぐに産婦人科や泌尿器科で検査をすることが大切です。
たいていの感染症は飲み薬や軟膏、注射などで治ります。

しかしHIVのように未だに完全な治療法がない病気もありますので、なるべく早く症状に気付き、早く治療することが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで