おりものの異常

抗生物質とおりものの臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンジダ膣炎になるとおりものの臭いがきつくなります。

カッテージチーズのような大量の白いおりものと、キツイ臭いが特徴で痒みなどの症状は治まっても臭いが治まらない場合があります。

この場合カンジダ膣炎から細菌性膣炎になったことが考えられ、カンジダ膣炎によりおりものの自浄作用が損なわれ細菌が膣内に侵入しやすくなるのです。

放置しておくと症状は悪化する一方ですので、キチンと婦人科で受診しましょう。

もともとおりものにはデーテルライン桿菌によって膣内を酸性に保つ働きをしており、この酸によって雑菌の侵入を阻んでいるのですが、体調不良やストレスやホルモンバランスの乱れなどからカンジダ膣炎になったり、細菌性膣炎になったりします。

おりものが女性の身体を守る

細菌性膣炎というと、不潔にしていたりするとかかる病気のように思われる方が多いのですが、実際には如何に清潔にしていようとも疲れやストレスなどによってでも膣内の常在菌が弱り雑菌の侵入を許してしまう場合や、また抗生物質の作用で常在菌が弱り同じく雑菌の侵入を許してしまう場合があるのです。

例えば、風邪をひいた時にお医者さんから抗生物質を処方されることがあるでしょ?この抗生物質によってもデーテルライン桿菌の働きが弱まり、結果として膣内の細菌を増殖させることとなって、おりものの臭いがきつくなる・・・と。

なんだかお医者さんから処方された薬で細菌を除去するつもりが、別の細菌の活動を活発化させる助けになるって不思議ですよね。

でも、実は抗生物質は悪い細菌を弱らせる効果があるだけでなく、おりものに含まれる善玉菌まで弱らせてしまう側面もあるんです。

悪玉菌も「菌」、デーテルライン桿菌も「菌」

体内に侵入したウイルス・菌に対して抗生物質は確かに効果があります。

ただし、この抗生物質というヤツはそれほど万能なものではありませんので、悪い菌だけではなくて、良い菌・・・つまり善玉菌にまで影響を及ぼし、おりものの臭いがキツくなる可能性はあります。

少し話はそれるかもしれませんが、風邪の「ウイルス」は「菌」とは別物で、実はウイルスに対しては抗生物質は効果がありません。

風邪をひいた時に抗生物質が処方されることが多いのは、風邪のウイルスそのものを撃退するために処方されているのではなく、風邪のために身体の免疫力低下がもとで発生する感染症の予防目的であることが一般的。(多分今現在の医学でも風邪ウイルスに直接効果のある特効薬はない模様)

もちろん体の調子が悪いときには免疫力が下がっているので抗生物質を処方せざるを得ない場合はありますが、この抗生物質によって身体の正常な状態を保つ役割を持つ常在菌のバランスまで崩してしまうことがありえるのも、紛れもない事実・・・

抗生物質の服用を必要以上に怖がり・避ける必要はありませんが、自己判断で抗生物質を服用し続けると抗生物質が効かない「耐性菌」の発生を招きかねませんので、医師の指導のもと決められた回数・決められた時間に正しく服用することが大切。

カンジダなどのおりものの臭いが気になる症状が不安になる場合もあるでしょうが、それは体調が万全になってからおりものの・・・ひいては膣内環境を整えていけば解決することです。

抗生物質の良いところ・悪いところを理解して正しく付き合いましょうね。
(もちろん医師の指導の元で!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私もしかして臭ってる? : どうすればいいのか教えます

あなたに「え?私もしかして臭ってる?」という不安を解消するページをご用意しました。

おりもの・デリケートゾーンが臭うのには原因があります。イザというとき簡単に臭いを軽減する方法があれば興味がありませんか?
是非あなたの臭いの悩み解消にご活用ください。

おりものの嫌な臭いを軽減する方法

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで