性感染症について

HPVの概要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性交渉によって感染リスクがあるウィルスの1つとして良く知られているのが、HPVと呼ばれるウィルスです。

HPVはHuman Papilloma Virusの頭文字をとったものであり、ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)といいます。

このHPV、つまりパピローマウイルスは比較的ありふれたウィルスの一種であり、性交渉経験のなる女性の半数以上は現に感染している若しくは感染歴があるものとされています。一方、男性にも感染する事は解かっているものの特異な症状が女性にしか出ない事も知られています。

HPVの症状

特にHPVの特徴的な症状として考えられるのは、性感染症においては一般的なおりものの色や臭いの変化です。
(例えば、おりものの量が多い、おりものが臭う・・・など)

但し、HPVの場合はこうした症状が見られず免疫の働きによってウィルスが自然消滅する事もある為に、特段の症状を感じないままに終息する事もあります。

一方でHPVの中にはハイリスク型と呼ばれるものがあり、こうしたタイプに感染した場合には持続感染を起こす事があります。

そして持続感染に至った場合、良性の場合には「尖圭コンジローマ」になり、悪性の場合ウィルスが子宮頸癌の主要因になるという問題があります。実際に子宮頸癌にまで至った場合には、不正出血が起きる事でおりものの色や臭いの変化を症状として認知するケースが多くなります。

子宮頸癌に至る可能性がある場合には早期の発見・処置が望ましい事から、HPVの感染有無は検査等で確認しておく必要があります。

HPVの検査方法

検査においては、タイピング検査と呼ばれる方法が用いられます。

この方法はウィルスの型に100種類以上のものが存在する事が解かっている中で、どの型に感染しているか・複数の型に感染しているかを一度に検査可能な事から主要な方法となっています。高リスク型への感染有無も同時に行える事から、経過観察等の処置を施すか否かへの判断にも直結させる事が出来る有用な検査法です。

一方、HPVに対する感染防止については未だ発展途上であるという実情もあり。自然消滅に留まった場合には免疫記録が為されないという性質がある事から何度も感染する可能性があるのに加え、一部の型で開発されているワクチンについては感染後の接種では効果が無い為に、充分な有効性を発揮していない為です。

更なる技術の進歩も期待されますが、当面はコンドームの使用といった通常の性感染症予防の方法を用いる事が望ましいとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで