おりものと菌の関係

善玉菌と悪玉菌とのバランス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものには様々な菌が常在しており、その中でも身体に良い影響を及ぼす菌、悪い影響を及ぼす菌があります。

前者の身体に良い影響を及ぼす菌を特に善玉菌といいます。

善玉菌は、健康な体を維持することや悪い菌を寄せ付けないなどの働きをしていて、おりものに含まれる善玉菌として最も有名なものはデーテルライン桿菌という乳酸菌です。
(少しすっぱい臭い)

デーテルライン桿菌という善玉菌は膣内にカンジダ真菌や大腸菌といった雑菌の浸入を阻む・増殖を抑制するだけでなく、精子の活動の手助けも行い、膣内の環境を整える大切なものです。

おりものの中では善玉菌と悪玉菌(雑菌)が微妙なバランスで常に共存していて、善玉菌が優勢な状態であれば膣内を健康に、清潔に保ってくれるバリアのような役割を果たしますので、臭いなどを気にして無暗に洗い流すとこのバリアまで失ってしまい免疫力が低下することによって、悪玉菌を増殖させてしまうことになりかねません。

おりものトラブルを避けるために・・・

月経時でなくても普段からおりものシートやタンポンを常用していたり、下着や衣服の通気性が常に悪い状態だと、雑菌が増えて悪玉菌を増やすことになってしまいますし、また善玉菌の少しすっぱい臭いを気にするあまり膣内洗浄や石鹸を使用しすぎるとおりものの自浄作用まで失ってしまうことになりますので水洗い程度にしておくのがベターです。

通気性よく清潔にすることはもちろんですが、善玉菌まで洗い流してしまわないようにすることが大切。

また逆に、おりものの中で悪玉菌が優勢な状態であれば「悪臭を放つ」「おりものの色が異常」などの症状が現れ、様々な感染症や炎症を起こす要因になりますので、この場合は膣内洗浄や抗生物質の投与などの治療が必要になります。

「菌」に対して抗生物質の投与は効果的ですが、この効果は善玉菌にも及ぼす可能性がありますので、別の病気のために抗生物質を使用しているとおりもの内の善玉菌までも減少させる可能性はあります。

まとめ

善玉菌は健康な体を維持することや悪い菌を寄せ付けない

おりものにはデーテルライン桿菌という善玉菌が含まれている

臭いを気にして洗いすぎると逆効果になりかねない

抗生物質の投与によって善玉菌まで減少することがある

備考

善玉菌であるデーテルライン桿菌はおりものに含まれるグリコーゲンを燃料にして乳酸を分泌する。

ここで分泌された乳酸の臭いがおりもの特有の「すっぱい臭い」となる。

私もしかして臭ってる? : どうすればいいのか教えます

あなたに「え?私もしかして臭ってる?」という不安を解消するページをご用意しました。

おりもの・デリケートゾーンが臭うのには原因があります。イザというとき簡単に臭いを軽減する方法があれば興味がありませんか?
是非あなたの臭いの悩み解消にご活用ください。

おりものの嫌な臭いを軽減する方法

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで