おりものと病気の関係

子宮頸がんチェックリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

生理の時期でもないのにおりものに血が混じる、性交後不正出血がある、下腹部に鈍痛があるなどの症状に心当たりはありませんか?

もし、それらの症状もしくはこの後に紹介する症状に当てはまるようでしたら子宮頸がんの可能性があります。

もともと子宮頸がんは初期症状として自覚できるものは殆どない(自覚症状がない)ため、がんの発生に気付かれないことが多いといえます。

「がん」にも色んな種類がありますけど、いずれにおいても早期発見・早期治療が重要です。

自身の細かなおりものの変化であっても「あれ?」と思うことがあれば、すぐに医療機関で検査することをオススメします。

ここではそんな「あれ?」っと思うポイントをいくつか紹介していきます。

おりものが酷い悪臭を放つ

子宮頸がんは菌による影響が大きく、症状が進行するとおりものに膿が混じったり、肉汁のような状態になったり、悪臭を放つようになります。

子宮部に菌が異常増殖すると、膣内部でもその影響を受け善玉菌が減少し、酷い悪臭に繋がる。

おりものが酷い臭いを発生させる原因は性感染症や雑菌・細菌感染など様々なものを上げられますが、子宮頸がんの兆候であることも覚えておきましょう。

普段規則正しかった生理が頻繁に生理不順になった

子宮頸がんは「子宮内膜」が異常増殖する病気であり、女性ホルモンバランスの影響を多大に受けます。

そのため生理の周期にも影響があるといえる。

普段、今まで規則正しく生理の周期がきていた人が生理不順になってしまったり、月経が月に複数回発生するようになった人は要注意。

不正出血がある

子宮頸がんの初期症状の代表的なものとして「不正出血」があげられる。

ただ、子宮頸がんによる不正出血は極少量の出血であることが殆どですので、身体の異常として認識するのは難しい。
(症状によっては出血が多い場合もある)

しかし、この不正出血が子宮頸がんに気付くための数少ないヒントでもあるので、月経時以外に不正出血が見られるようならすぐに婦人科で検査するのが良いでしょう。

また、性交時に膣部への摩擦刺激によって出血するケースもあり、子宮頸がんの症状が進行するとこの出血が慢性化することもあるので、やはり「おりものに血が混じる」ということは重要なサインであるといえます。

下腹部が重い、下腹部痛がある(鈍痛)

下腹部が重い、生理が終わった後でも下腹部になんとなく違和感がある、ドーンとした鈍い痛みを感じるようでしたら子宮頸がんの可能性があります。

子宮頸がんをはじめ、子宮筋腫・子宮体がんなどの病気であっても同様の痛み・違和感を感じる場合がありますが、いずれにしても重篤な病気の自覚症状かもしれません。

この違和感がずっと残っている場合は注意しましょう。

茶色いおりもの、またはおりものに膿が混じる

細菌もしくは雑菌が子宮内に入り、症状を引き起こしている可能性があります。

子宮頸がん発生の原因を一言で断言することはできませんが、今現在のところ子宮頸がんの発生には「ヒトパピローマウイルス」という菌が大きく関与していると考えられています。

ヒトパピローマウイルスという菌は非常に一般的な菌(女性なら殆どが持つ)であり、大半の女性が一生に一度は感染する菌といわれるものですが、放置すると子宮頸がんの原因になる菌であると認識されています。

菌により子宮が炎症を起こすと茶色いおりものや、おりものに膿が混じる場合があります。

ヒトパピローマウイルスに限ったことではありませんが、細菌や雑菌は膣部の大敵ですので、不潔にすることなく清潔(通気性も)にしましょう。

茶色いおりもの、またはおりものに膿が混じるといった症状はもとより、おりものの色や臭いがおかしいなどの変化に気付いた場合は注意が必要。

腰痛がある、脚のむくみが酷い

腰痛や足のむくみの原因は子宮頸がんに限ったことばかりではないのは当然として、子宮頸がんによる腰痛または足のむくみである場合は症状がかなり進行していると見られます。

子宮頸がんの症状が進行すると、骨盤壁にまで症状が浸透してきます。すると血流が上手に流れなくなったり、細胞が侵され骨盤内で癒着を生じ、腰痛になるケースがあります。

これによって子宮頸がんにより腰痛が発生し、足のむくみも同様であると言えます。

頻尿、排尿困難、血尿がある

子宮頸がんが進行すると、子宮周辺の臓器にまで影響を及ぼします。

子宮周辺には膀胱・直腸・膣・骨盤などがあり、これらの臓器に対して組織を破壊しがん細胞がもぐりこむことがあります。

その影響によって膀胱にまで浸潤すると頻尿、排尿困難、血尿などの症状が現れる。

少し項題とそれますが、膀胱だけでなく直腸に影響を与えれば血便・腸閉塞などを引き起こします。

思い当たる項目がありませんでしたか?

婦人科に行かなくても自宅に居ながら今スグに子宮頸がんチェックする方法もあります。

検体採取したら郵送するだけで非常に信頼度の高いデータを得ることができ、スグに検査結果を確認することができます。
GME医学検査研究所では、自社ラボで性病検査キットの販売から検査までトータルで行っているため、検査結果が早く出るのが特徴です(ほとんどの性病の検査所有日数が1~3日)。

「子宮頸がんかも・・・」と思っても、仕事の都合や家事のためになかなか婦人科で検査する時間が取れない女性も多いのではないでしょうか? GME医学検査研究所なら自宅に居ながら子宮頸がん検査を受けることができます。

一刻でも早く不安を解消したいという方は下のリンクで詳細をご覧ください。

【GME医学検査研究所】

子宮頸がん(細胞診)と、ヒトパピローマウイルスを調べることで、子宮頸がんをほぼ100%発見できます。

「今すぐ子宮がんチェックをしたい!」という方は是非ご利用ください。



さいごに・・・

子宮頸がんは比較的若い女性でもかかる病気です。

初期段階では殆ど自覚症状がないため、「子宮がん検診」などの検査が非常に重要になりますが、検診の時期ではなくともご自身で「あれ?」と思うフシがあるようでしたら、すぐに婦人科に相談することをオススメします。

子宮頸がんは早期に発見できれ治療できる「がん」です。

早期発見が早期治療、完治に繋がりますので「自分は大丈夫だろう」と仰る方も、一度上記の項目に当てはまるものはないかチェックしてみてください。

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで