おりものと病気の関係

子宮内膜炎の特徴と分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子宮内膜炎の特徴は黄色い膿状のおりもの、もしくはおりものに血が混じることがあり、下腹部の痛みや排便時・排尿時などに腰に痛みを伴う場合がある。

この子宮内膜炎という病気は「子宮内膜症」と名前が似ていることから混同しがちですが、全く別の行気であり、子宮に雑菌・細菌が侵入することによって子宮内膜に炎症を起こすものです。

※子宮内膜症に関してはコチラで紹介しています。⇒【子宮内膜症】

原因となる菌は代表的なものとしてレンサ球菌・ブドウ球菌・クラミジア・大腸菌・淋菌・結核菌など様々ですが、感染の多くのケースでは膣炎や子宮頚管炎の菌が子宮内膜まで至る場合や性感染症に感染したことに気付かず放置したことによって子宮内膜炎に至るケースもある。

他の感染原因としては、性交による感染(特に淋菌)やタンポンを長時間使用し雑菌が増えるなどが上げられる。

一般的にはおりもの自身が持つ自浄作用などにより、子宮頚管部よりも奥へと細菌が侵入することは難しく、菌に冒される可能性は低いのですが、出産時や自然硫安または人工妊娠中絶後などは細菌が侵入しやすく、この子宮内膜炎になる場合がある。

子宮内膜炎の分類

子宮内腔を覆う「子宮内膜」が炎症を起こしている症状を子宮内膜炎といいます。

この子宮内膜炎は症状により大きく3つに分類され、それぞれ慢性子宮内膜炎・急性子宮内膜炎・老人性子宮内膜炎といい、またそれぞれ症状・原因・治療方法が異なります。

以下にそれぞれの特徴を紹介します。

慢性子宮内膜炎

比較的症状が軽く、無自覚である場合が大半ですが、近年この慢性子宮内膜が不妊症との関連も明らかになりつつあります。

もともと、子宮内膜に細菌や雑菌が到達したとしても、子宮内膜というものは月経によって剥離されるために細菌や雑菌も同じく排出されるので、数回の月経を経て自然に治ることが多い。

しかし、生理不順や無月経が続くと最近や雑菌が子宮内膜に付着したままになり慢性化します。

これが慢性子宮内膜炎です。

急性子宮内膜炎

急性子宮内膜炎は子宮内膜の機能層に細菌や雑菌が感染することによって発症し、症状は細菌の種類によって異なりますが「高熱」「下腹部の痛み」「腰痛」「排便時の腰痛」「排尿時の腰痛」などを引き起こす場合がある。

前述の慢性子宮内膜炎と同じように月経により剥離されることによって細菌や雑菌が排出されて自然に治ることもありますが、炎症が酷くなると卵管・卵巣・腹膜まで症状が広がることがあります。

老人性子宮内膜炎

老人性子宮内膜炎は子宮内に様々な細菌や雑菌の侵入によって引き起こされますが、更年期~閉経後にかけて女性ホルモンの分泌が減少し、それに伴いおりものによる子宮内の自浄作用が貧弱になり、細菌等の侵入を許してしまう。

これが老人性子宮内膜炎で、膿状のおりものが特徴。

ただ更年期~閉経後の子宮内膜炎では症状が子宮がんに似ているので、その年代の方は単なる炎症なのか子宮がんなのか婦人科で注意深く診察してもらう必要があります。

子宮内膜炎の治療方法

症状が軽い場合は安静にしていれば月経に伴い自然に回復しますが、症状によっては投薬治療が必要になります。

この場合、抗生物質の投与による治療が主体になりますが、この抗生物質自体がおりものの自浄作用を損なう原因となりえますので注意が必要で、場合によっては入院が必要な場合もあります。

「月経に伴い自然に・・・」と何度か書きましたけど、症状を軽く見て放置していると炎症の範囲が広がり卵管炎や骨盤腹膜炎を起こして不妊症の原因にもなりますので、やはり婦人科での受診をして正しく処置・早期治療・完治させることが非常に大切ですので、自己判断で勝手に自分の症状を軽く見積もらないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで