デリケートゾーン

デリケートゾーンのすそわきがについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

デリケートゾーン(陰部)のわきがのことを「すそわきが」と言って、別名で「すそが」「しもわきが」という呼び方をされることもあります。

すそわきがは、陰部から「わきが」と同じような強いニオイがします。

陰部の毛根に存在するアポクリン腺がニオイの原因。
(アポクリン腺は外分泌腺の一つで、大汗腺を特に指して呼ぶことも多い)

そのニオイは、玉ねぎのニオイや鉛筆の芯のニオイに似ているといわれたり、おりもののニオイと混ざると、魚やチーズのニオイに喩えられることもあります。

チーズ臭とかって言われるといわれるとツラいですね・・・

この「すそわきが」は陰部のわきがですので、蒸れやすかったり、排泄器官の近くにあるということもあって、さらにニオイがきつくなる傾向があります。

スソワキガを引き起こす汗腺

一般的に体内にある汗腺は、「エクリン腺」という汗腺なのですが、これに対して、わきがやすそわきがを引き起こすのは、「アポクリン腺」となります。

このアポクリン腺は、ワキの下、乳首、陰部などの毛穴に限定的に存在しています。

つまり、腋の下のわきが、デリケートゾーン周辺のすそわきがと同様に乳首周辺も強い臭いを発することがあるということ。

実は、アポクリン腺から出る汗そのものはあまり臭わないのですが、汗の中で雑菌が繁殖することによって強いニオイを発するようになります。

アポクリン腺から出る汗を好む、「コリネバクテリウム属」という菌が出すニオイが、わきがのニオイとなり、悪臭を放ちます。

ゆえに、入浴して体をキレイに洗った直後は、わきがの人でも体から、強いニオイを発することはありません。

ただし、アポクリン腺があるからといって必ずしも陰部が臭うとは限りません。

いろいろある「ニオイ」の原因

わきがの人は、必ずすそわきがになるわけでもありません。また、普段臭わない人でも、妊娠中などホルモンバランスが崩れた時に、アポクリン腺の活動が一時的に活発になり、すそわきがのニオイを発する場合もあります。

すそわきがになりやすい人は、わきが体質の人で、毛が太く、量が多い人がなりやすい傾向にあります。

気をつけていただきたいのは、デリケートゾーンのニオイ=すそわきがではないということです。

蒸れやすい部位であり、排泄器官もありますので、多少のニオイは誰でも発しています。

汗をかいた時に、デリケートゾーンあたりをこすってみて、ニオイを嗅いだ時に、わきがのニオイががした場合には、すそわきがの可能性があります。

女性の場合には、おりもののニオイによっては、別の病気の可能性もあるということを念頭に置いておきましょう。

すそわきがの自分でできる対策としては、少し臭う程度であれば、ミョウバン入りの石鹸や、すそわきが用のアイテムでも軽減されます。

また、脱毛するという方法もあります。

体毛がなくなってもニオイの元であるアポクリン腺自体はなくなることはありませんが、雑菌が繁殖しにくくなったり、蒸れ難くなりますので、多少の軽減効果は期待できます。

たった3日でデリケートゾーンの匂いを改善する方法

ほんの数日でデリケートゾーンの匂いがだいぶ軽減され、1週間も経つとおりもののニオイがほとんど気にならなくなったことを実感しました。

実は普通のボディーソープで体をガシガシ洗うと臭いがキツくなるもの。それは、汚れと一緒に体のにおいを「良い匂い」にしてくれる表皮ブドウ球菌まで減らしてしまうため・・・

女性らしい「良い匂い」を保つには、洗いすぎは禁物!

それでは、どうすればデリケートゾーンの臭いが気にならなくなるのかお教えします。

ロンタル ハーバル ジェルソープとは?

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで