デリケートゾーン

デリケートゾーンの悩みならオーガニックでしょ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

デリケートゾーンの悩み(臭い・痒み)を解消してくれる石鹸を探しているのならオーガニックのものがオススメです。

デリケートな部分をケアするための石鹸ですから、刺激が少ないものを使ったほうが安心です。
だって、デリケートで敏感な部分なのですから、当然優しく扱わなければならないですし、天然成分配合で柔らかな使い心地のいいものを選ぶのは当たり前ですね。

その点オーガニックの石鹸であれば、デリケートゾーンのお手入れにも安心。

もちろんデリケートな悩みを解消するためには石鹸の選び方だけではなくて「正しく」洗うことも大切です。
デリケートゾーンの臭いが気になったり、かゆみが気になったりする方の場合、正しく洗うことが出来ていないことが考えられます。

デリケートゾーンを「正しく」洗う?

女性のデリケートゾーンは複雑な構造をしており、表面を洗っているだけでは綺麗にすることはできません。

アンダーヘアに付いた汚れもキチンと落とす必要がありますし、複雑な構造ゆえに汚れやすい状態になっていますので、指を使って丁寧に洗うことが必要です。

でも、汚れているからといって乱暴に(ゴシゴシと)洗うのはダメ!

それは粘膜が多くて敏感な部分ですから、刺激には弱いからなのです。

専用の石鹸を使って、泡をスポンジ代わりして指の腹を使って優しく、丁寧に洗っていきましょう。
(爪を立てたりしないように注意しましょうね)

洗い方は「正しく」そして「優しく」です。

実は温度も大切・・・

泡を洗い流すときにはお湯の温度にも注意しましょう。

熱過ぎるお湯を使うと刺激が強くなってしまいます。ぬるま湯を使って、すすぎ残しのないように丁寧にすすいでいきます。

臭いが気になるからといって、膣の中まで洗ってしまうのはいけません。

膣には自浄作用があり、自らの力で雑菌などを寄せ付けないように出来ています。

膣の中まで洗ってしまうとかえって自浄作用を傷つけてしまうことになります。臭いやかゆみの原因になる雑菌を洗い流すのはいいのですが、膣を清潔に保ち最近や雑菌の侵入に対抗する「善玉菌」まで洗い流す結果になってしまいますからね・・・

要は膣内の菌のバランスも重要だということ。

バランスが崩れて雑菌などに感染しやすくなりますので、洗い過ぎには注意しましょう。

「ゴシゴシ洗い」は禁止ね

刺激が強すぎると黒ずみの原因にもなります。臭いが気になるからといって、ゴシゴシ洗ったりするのはよくありません。

ね?きれいにしたい気持ちはわかりますけど、「黒ずみ」なんて新たな悩みが生まれるのはダメでしょ?

また、不衛生なことによる炎症やかぶれも黒ずみの原因になります。

刺激を与えず、清潔に保つようにすることが黒ずみ対策になります。

オーガニック石鹸を使って、優しく洗うようにしましょう。

気を付けるのは石鹸だけじゃないよ

デリケートゾーンをケアするためには、オーガニックのものなどケアするためのアイテムも刺激が少ないものを選ぶようにするとよいです。

パックやウェットティッシュなどのアイテムもありますので必要に応じて利用するのも良いですね。

ウェットティッシュになっているタイプのアイテムも、シャワーが使えないようなときや外出先でのケアには便利に使うことができます。
(カバンに入っていると安心だったりします)

正しいケアをこまめに行うことで、悩みを解消しましょうね。

私もしかして臭ってる? : どうすればいいのか教えます

あなたに「え?私もしかして臭ってる?」という不安を解消するページをご用意しました。

おりもの・デリケートゾーンが臭うのには原因があります。イザというとき簡単に臭いを軽減する方法があれば興味がありませんか?
是非あなたの臭いの悩み解消にご活用ください。

おりものの嫌な臭いを軽減する方法

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで