妊娠について

妊娠初期のおりもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

妊娠初期には着床出血など茶色いおりものが分泌されることがありますが、基本的には無色透明(もしくは乳白色)であり、無臭で痒みがないというのが一般的。
(薄いクリーム色の場合もあります)

妊娠初期のおりものは大量に分泌されますが、これは出産時に産道を赤ちゃんがスムーズに通過できるための潤滑剤のような役割と、もう一つお腹の赤ちゃんを細菌や雑菌などから守るためのものだといわれています。

一般的にこの妊娠初期のおりものは普段よりも随分多いのですが、臨月に向けてますます増加していきます。

なぜ妊娠初期のおりものは多いのか?

おりものには自浄作用というものがあり、おりものが分泌されることによって細菌や雑菌・病原菌の侵入を防ぎ、また膣内の老廃物を排出し膣内や子宮、卵巣を守る働きをしています。

この「おりもの」というものは子宮や子宮頚管からの粘液・膣の中の分泌物などが混合している液体をいい、pHはおよそ4.5から5程度であり、膣内を細菌が繁殖しにくい環境にすることと、アルカリ性を好む精子にとっては生存しやすい環境になり、細菌の侵入を阻むよう自浄作用がある上に精子の活動を助ける働きがあるのです。

更に妊娠中には、エストロゲン(女性卵胞ホルモン)の分泌が増えるなど、ホルモンバランスの影響の関係を受け、新陳代謝が活発化し膣からの分泌物・・・つまり「おりもの」の分泌が活発になります。

つまり、妊娠初期からおりものの量は普段よりもかなり多くなり、増えるということです。

繰り返すようですが、妊娠初期からおりものの量はかなり増え(臨月に最大になる)てゆき、赤ちゃんを細菌や雑菌・病原菌から守り、また産道をスムーズに通過できるようにするのです。

妊娠初期の正常なおりもの

無色透明・もしくは白い、うすいクリーム色、または乳白色であれば、おりものが下着についてパリパリになったり、少し黄色く変色する・すっぱい臭いがするという場合でも、かゆみがなければ全く心配ありません。

妊娠初期のおりものの量の多さに対する対策としては、「下着をこまめに取り替える」「外陰部を清潔に保つ」ということが大切で、量が多かったり臭いがきついときなどの不快症状の時には、おりもの専用シートを使用しましょう。
(小まめにシートを取り替えることに注意してください)

妊娠初期のおりものの症状で以下の場合は医師に診てもらいましょう

  • おりものの悪臭
  • おりものが茶褐色、黄緑色
  • おりものに血液が混じる
  • おりものが硬くてボソボソしている

また、妊娠初期にはおりものの量は多くなるものですが、あまりにも、異状に量が多いようでしたら注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

たった3日でデリケートゾーンの匂いを改善する方法

ほんの数日でデリケートゾーンの匂いがだいぶ軽減され、1週間も経つとおりもののニオイがほとんど気にならなくなったことを実感しました。

実は普通のボディーソープで体をガシガシ洗うと臭いがキツくなるもの。それは、汚れと一緒に体のにおいを「良い匂い」にしてくれる表皮ブドウ球菌まで減らしてしまうため・・・

女性らしい「良い匂い」を保つには、洗いすぎは禁物!

それでは、どうすればデリケートゾーンの臭いが気にならなくなるのかお教えします。

ロンタル ハーバル ジェルソープとは?

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで