おりもの対策

ガードネラは自然に治る? おりもののにおい対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものが酷い臭いを発する場合、ガードネラが大きく関与している場合がありますが、この臭いにはイロイロな種類があり、ワキガのような臭いや錆びた鉄の臭いの場合は別の理由が考えられますが、「魚が腐ったような悪臭」の場合はガードネラを疑ったほうがいいでしょう。

ガードネラは正しくはGardnerella(ガードネレラ)といい、細菌性膣炎の原因菌となることで知られる。
(旧名=Haemophilus vaginalis)

臭いが気になり、婦人科で受診・検査して「ガードネラ菌プラス反応」が出たことがあり、驚かれた方もいらっしゃると思いますが、これはおりものに含有される菌のなかでガードネラの存在を確認できたということです。

さて、この「ガードネラは自然に治るのか?」という問いへの答えは、Yesでもあり、Noでもあります。

ガードネラが治る?ということ

「ガードネラが治る」ということは、おりものに含まれるガードネラ菌を減少させるということと同意です。

もともとガードネラ菌はおりものに含まれる常在菌の一種ですから、「無くなる」ということは殆ど無く、「減る」「減らす」ということになります。
(常在菌とは健康な身体にも存在する菌で、殆どの人が持つ菌です)

つまり、膣内には良い菌も悪い菌も一定数が常在しており、お互いが絶妙なバランスを取りながら共存しているのですが、このバランスは些細なことで崩れることがあり、体調不良や不規則な食生活などによっても、また抗生物質の摂取などによっても良い菌(代表的なものとしてデーテルライン桿菌)が減少し、悪い菌(代表的なものとしてガードネラ菌・カンジダ真菌)が増殖し、結果として良い菌と悪い菌の勢力図が塗り替えられ、身体に何らかの影響を及ぼすことになる。

この場合、良い菌が減少しガードネラ菌が大量発生することになれば、臭いが酷くなるという結果を生む。

本題のガードネラ菌を減らすということは、その逆で良い菌を増やすことができれば結果として悪い菌であるガードネラ菌の減少をさせることができますので、「自然に治るのか?」というと微妙な答えを出さざるを得ません。

前述の通り良い菌と悪い菌は絶妙なバランスで共存していますから、きっかけ次第で増やすことも減らすことも可能ではあります。

例えば、なるべく規則正しい生活を送り、健康的な食生活を守ることで事態は改善する見込みもありますし、ヨーグルトなどの乳製品を小まめに摂取することでおりものに含まれるデーテルライン桿菌を育てることができれば、それは「自然に治る」ともいえます。

ただ、「自然に治る」とはいうものの菌の増減に関しては普段の生活の改善で効果を得ることはできようものの、悪い菌の増殖によって膣内に炎症などを起こしている場合は治療にはなりません。

このガードネラ菌は細菌性膣炎の原因菌であると前述しましたが、ガードネラ菌の増殖によって細菌性膣炎を発症した場合、放置していては悪化の一途ですし、「自然に治る」というのも難しい。

細菌性膣炎を発症している場合は適切な治療を受けなければなりません。

よって、膣内環境を改善することによって善玉菌を助け、結果的にガードネラ菌の減少を見込むことはできるものの、細菌性膣炎などを発症しているようであれば、治療を受けなければ治癒しません。
(軽微な膣炎であれば自然に治ることもあるかもしれません)

「ガードネラは自然に治るのか?」という問いへの答えは、Yesでもあり、Noでもあります。

ガードネラ菌の特徴と症状

おりものの中でガードネラ菌が増殖すると、しばしば灰色のおりものとなったり、魚の腐ったような酷い悪臭となることがある。

この「魚の腐ったような酷い悪臭」をアミン臭といいます。

もともとおりもののpHはおよそ4.5から5程度ですが、ガードネラ菌が増殖すると更にpHが上昇し、アルカリ性が増すとアミン臭の臭気は顕著に現れる特徴を持つ。

ガードネラの身体に対する影響としては、膣上皮細胞を障害し、上皮の剥離を引き起こし、炎症症状となる。

デーテルライン桿菌などのおりものに良い影響を与える乳酸桿菌が減少すると、ガードネラをはじめとした悪い細菌や雑菌などが増加し、菌体毒素の生産をはじめます。

この時点でおりものの量が増えたり、灰色がかったおりものとなったり、臭いが酷くなったりという目に見える症状が現れてきますが、目に見えない症状として膣上皮の障害を引き起こします。

ここで膣上皮の障害により、細菌の付着した上皮細胞の剥離し、細菌性膣炎となります。
(はがれた膣の上皮細胞に無数の細菌が付着しているものをクルーセル(ClueCell)といいます)

アミン臭とは?

アミンにはいくつかの種類があり、代表的なものにプトレシンとカダベリンという成分があり、アンモニアや魚にたとえられる悪臭を有する。

プトレシンとは腐った肉の臭い成分で、生物の肉に存在するアミノ酸が分解されることによって生成される。

カダベリンは「死体のような」を意味する英語形容詞 “cadaverous” に由来した言葉で、たんぱく質の加水分解によって生成されるもので、その名の通り腐敗臭の元になるもので、精液の特有の臭いの原因の一つ。

プトレシンもカダベリンもいずれも腐敗臭の原因ではありますが、注意しておきたいのはあくまで「臭い」の原因であり、腐敗していく過程そのものには関与しない。

臭いを押さえるための最悪の手段

臭いが気になるのは解ります。

イザというときパートナーに臭いがバレたら恥ずかしい、臭いが気になってガードルやおりものシートが手放せない、スカートを履いて外出するのに勇気がいるなど、様々な悩みがあることかと思います。

しかし、においを気にするあまりにボディーソープなどを使ってガシガシ洗うのは逆効果です。

局部はデリケートゾーンと呼ばれるほど、名の通りデリケートな部位ですので、傷つけたりすると雑菌の侵入を許すことになり臭いのもとになります。

また一般的なボディーソープなどを使用すると、おりものが本来持っている善玉菌(デーテルライン桿菌など)まで一緒に洗い流してしまい、これも逆効果。

善玉菌が減るということは自分自身でガードネラなどの臭いの原因菌を増やす手伝いをしてしまっているのです。

膣内洗浄という手段もありますが、一時的に臭いを洗い流した気分にはなってしまいますが、これも同じく善玉菌までも洗い流すことになりますので、結局は逆に臭いがキツくなることの方が多いでしょう。
(専用の膣洗浄であれば話は別ですが)

臭いを対策するためには、単純に「洗い流す」だけという行為は逆効果になることが多く、本当に必要なのは膣内環境を整えて善玉菌が活動しやすくしてあげることが大切です。

ガードルなどの通気性の悪い衣類も良くありません。

通気性が悪いと「蒸れ」を起こし、蒸れた状態は悪い菌が増殖しやすい環境を作ってしまっているということです。

もちろんおりものシートの常用などでも同じことが言えます。

結論としては、まず第一に膣内環境を整えること、次に通気性を保ち清潔にすること。

これが臭いの対策に繋がります。

臭いを気にするあまり乱暴に洗いまくる、臭いを知られたくないから通気性の悪い衣類やおりものシートで隠すといった行為は、いずれも逆効果であると知っておきましょう。

症状やにおいが酷く、自身でどうしようも無いときには婦人科など医療機関で治療を受けると良いでしょう。

ガードネラの治療

治療にはクロマイ膣錠が処方されることが多く、一般的には7日間程度で治癒する。

クロマイ膣錠は抗生物質製剤の一種で、腟内に用いる腟錠であり、通常一日に一錠局所に挿入して使用する。

優れた菌増殖抑制効果と抗菌作用を持つ薬ですが、副作用は殆ど無く比較的安心して使用できる薬剤であるといえる。
(投与による血清中への移行はほとんど認められない)

また同等の薬剤としてフラジール膣錠(保険適応外)がある。

本来であればおりものが持つ自浄作用によってガードネラ菌やカンジダ真菌といった細菌類の増殖は抑制されていますが、自浄作用が低下している場合や免疫力が低下している場合にそれらの菌が増殖することとなり、これを抑制するため膣錠剤を用いる。

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

冒頭でも記載している通り、ガードネラは正しくはGardnerella(ガードネレラもしくはガルドネラ)なのですが、当サイトに「ガードネラ」というワードで検索されている閲覧者様が大勢いらっしゃることに気付き、意図的にガードネラと記載させていただいております。

今回の主題は「ガードネラは自然に治るのか?」ということでしたが、単純にガードネラ菌単体であれば生活習慣や膣内環境を整えることによって自然と正常な状態に近づけることができますが、ガードネラ菌が増殖しているということは善玉菌の勢力が弱まっているということで、それによってガードネラ菌だけでなくカンジダ真菌やトリコモナス原虫なども増殖しやすい環境になっていると予測されます。

つまり、善玉菌が弱まっていると増殖するのはガードネラだけではないということです。

症状によっては医療機関による治療が必要。

しかし、日常のエチケットとして臭いを何とかしたいという意味での「ガードネラは自然に治るのか?」であれば、生活習慣や食生活の改善で十分可能ですし、膣内環境を整えれば臭いは治まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私もしかして臭ってる? : どうすればいいのか教えます

あなたに「え?私もしかして臭ってる?」という不安を解消するページをご用意しました。

おりもの・デリケートゾーンが臭うのには原因があります。イザというとき簡単に臭いを軽減する方法があれば興味がありませんか?
是非あなたの臭いの悩み解消にご活用ください。

おりものの嫌な臭いを軽減する方法

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで