おりものと菌の関係

カンジダ真菌による膣炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カンジダ真菌(しんきん)はカビの一種で、おりものの善玉菌が減少することや外陰部を不衛生にすることによって増殖する。

カンジダ真菌の真菌とは菌類の中でも細菌やウイルスなどと区別をするためのもので、「真菌」イコール「カビ」のようなもの。

カンジダ真菌は外陰腟カンジダ症・カンジダ膣炎などの病気の原因となり、痒みや排尿障害を引き起こします。

おりものの状態はヨーグルト状になり、おりものの量が増えることが多い。

もともと多くの女性の肌や粘膜にカンジダ真菌は常在していて、普段人体に害を与えることはないが、異常増殖することによって病原性を発揮する。

外陰腟カンジダ症対策?

外陰腟カンジダ症やカンジダ膣炎は疲労やストレスの蓄積、ビタミンの欠乏などによって免疫力の低下を要因として発症することがあり、また抗生物質やステロイド剤の投与などによっておりものに含まれる善玉菌が減少することによってカンジダ真菌増殖の誘因となる。
カンジダ真菌が増殖するのを防ぐためには、健康的で規則正しい生活習慣を送ることはもちろん、おりものシートやタンポンなどは使いすぎない、もしくはこまめに取り替えることや通気性の良い下着の着用を心がけることが大切。

カンジダ真菌は湿気を好むので通気性を良くすることが大事。

また、おりものの臭いを気にして過剰に洗いすぎたりした場合、善玉菌まで除菌されてしまい、カンジダ真菌が増殖する場合や、抗生物質の投与によって同じく善玉菌が除菌されカンジダ真菌が増殖する場合もある。

症状は?

ヨーグルト状の塊のようにドロっとしたおりものが出て、カンジダ真菌が繁殖し外陰腟カンジダ症・カンジダ膣炎などの症状を引き起こした場合、強い痒みがあり、おりものの変化に伴って膣口や陰唇などの外陰部が赤く炎症を起こし、悪化するとただれたようになる。

治療方法は?

治療方法としては患部を清潔に保ち、通気性を確保することがまずは第一だが、産婦人科や性病科などでカンジダ真菌を洗い流すための膣洗浄治療や軟膏の塗布が必要となる場合がある。
(およそ治療費用は3000円~5000円程度)

まとめ

カンジダ真菌はカビの一種

おりものの善玉菌(デーテルライン桿菌など)が減少することによって増殖する

おりものはヨーグルト状(ドロっとしている)

下着を清潔にし、通気性を保つことが大切

治療には膣洗浄治療や軟膏の塗布など

備考

厳密にカンジダ真菌には多くの種類の菌が存在するが、その中でも病原体として最も知られているものはカンジダアルビカンスという。

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで