黄色・緑色

非特異性膣炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

緑色で魚の腐敗臭のような悪臭を伴うおりものが増えた場合、非特異性膣炎の可能性があります。

非特異性膣炎はカンジダ・淋・トリコモナスなどのように特定の菌による性感染症とは異なり、原因菌のハッキリしない物を非特異性膣炎といいます。

つまり、カンジダ症はカンジダ真菌によるもので、淋病は淋菌、トリコモナス膣炎はトリコモナス原虫といった具合に原因菌が明らかなのに対して、非特異性膣炎は特定の病原菌や原虫を検査で検出できない場合の膣炎のことです。

この非特異性膣炎の特徴は、痒みや灼熱感はほとんどなく、稀に排尿時などに若干の痛みが伴ったり、性交時に出血を伴う場合がある程度で、無自覚な場合がほとんど。

体調不良や膣の自浄作用が低下することによって悪玉菌(常在菌)が増殖することによって炎症が引き起こされる。

非特異性膣炎の原因と治療

もともとはおりものによる膣の自浄作用によって、活動を抑制され繁殖しないはずの細菌や原虫が疲労・ストレスや不規則な生活習慣などによって身体の活動、またはおりものの善玉菌の活動が衰え、膣内で繁殖し非特異性膣炎を発症させる。

また高齢者や子供は、もともと膣の自浄作用が弱いため、非特異性膣炎を発症させやすい。

非特異性膣炎を発症の治療には原因菌を特定し、塗り薬と膣錠(タブレット)で治療する。

症状にもよりますが、膣内の洗浄や抗生物質の投与によって1週間から2週間程度で完治する場合がほとんど。

冒頭では「緑色で魚の腐敗臭のような・・・」と書きましたが、症状や原因菌によってはおりものが黄色や茶褐色の場合がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで