性感染症について

カンジダ性膣炎はおりものの色や臭いに変化があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性の体は常に変化しています。

体調の変化を知る手段として女性の場合は、おりもので女性特有の病気にかかっているか確かめることができます。

おりものは、その状態で今の体の状態を知ることができるということを知っておきましょう。

通常であれば無色または乳白色で臭いもあまり感じないものですが、性器内もしくは外側で異常があればおりものの状態はすぐに一変するもの。

ほとんどの場合は細菌感染によるものです。

人間の体には少なからず菌は存在しますが、しかし体調不良が重なり、体内に存在する菌が異常に多くなったりすると重い病にまで発展することもあります。

そこで、よく発症しやすいのはカンジダ性膣炎という病気。

カンジダ性膣炎とはどんなもの?

このカンジダ性膣炎は膣内に存在しているカンジダ菌の異常繁殖で発症します。

感染源の一つに異性との性行為があげられますが、行為をしていなくても発症することもあり、カンジダ性膣炎の症状としては、性器周辺の炎症やかゆみがあります。

またおりものの色や臭いもあり、ボソボソしたカッテージチーズのような状態でツンとした感じの臭いがあります。

感染症に関してはいつどこで感染するか分からないので、毎日トイレに行ったときに色や臭いの変化をチェックしておくことが肝心。

もしカンジダ性膣炎になった場合は、すぐに婦人科を受診して適切な治療をする必要があります。

妊娠している場合は特にです。妊娠中は体調が変わりやすく、胎児への影響も考えられます。

カンジダ性膣炎とおりものの関係

カンジダ性膣炎になった場合、たまたま生理と重なるとおりものも経血と一緒に自然に流れ出ることがあります。

体内の増えすぎた細菌が体外へ出されて正常に戻り、特有のかゆみなどの症状もなくなってもう大丈夫だと思うかもしれないです。

症状がなくなったとしてもまたかかる可能性もあるので、一度婦人科で診てもらい、膣内を洗浄してもらうなどして正常な状態に戻しておくことが再発を防ぐことに繋がるのです。

大したことないと放っておくと、重症化して不妊体質になる恐れもありますから・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで