性感染症について

おりものの色や臭いがきつくなったら卵管炎を疑うのも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものは体質的に色や臭いがきつくなってしまうこともありがちですが、場合によっては病気が隠されているケースもあります。

おりものの色や臭いが黄色くなってきたりと変化が見られたときには、膿が混じっていたりする可能性も少なくないですが、炎症が起きていたりすると卵管炎などの性病にかかっていることもあるわけです。

ただ、その臭いや色などのひとつの症状だけでは判断しにくいですが、自分で決めつけるよりは病院で正しく検査をしてもらうのが健康管理にも役立ちやすいです。

炎症している場合には、細菌が入り込んでいるために腫れてしまっているといった症状が目立ちやすいですが、卵管炎などの性感染症になっている際には治療が必要となってくるといえます。

おりものの色や臭いのほかにも痒くなったりといった症状がでていると更にわかりやすいですが、医者から内診をしてもらったりと診察を受けると直接的にその原因を調べてもらえます。

性感染症になっていたとしても比較的、軽い症状だったりすると、処方してもらった薬を飲んだりと通院治療だけで治ってしまうものも多いです。

下着についてしまったり、日常生活を送っているうえで臭いが漂ってくるなどとわかってしまう場合も要注意ですが、パートナーが症状がでていないとなると性病ではないほうが増えてきます。

毎日、入浴やシャワーなどで清潔にするのが重要なのですが、洗いすぎてしまうのも元から持っている菌を流しやすかったりと洗い方もコツが要ります。

細かい傷をつけないように丁寧に洗うのが大切ですが、おりものが出やすくなっている時期にはシートを利用するなど下着を汚さないのも衛生的に過ごすためには欠かせないです。

意識しすぎてしまうのも逆効果であるものの、定期的に病院で検査してもらっていると性感染症を発見することにつながりますので、すぐ診て欲しい場合は混雑していない婦人科のクリニックや病院を選ぶのがいいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで