性感染症について

外陰カンジダ症のおりものや色や臭いの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものは適度に膣内を潤す役割があると言われています。
細菌の侵入を防いだり、性交渉をしやすくしたり、妊娠しやすくしたり大切な働きを担っています。

とてもデリケートな女性器ですが、何か異常が出たときには、おりものがいつもと違ってくることがあります。
女性器は見た目では異常がわかりにくいので、下腹部の痛みやおりものの色や臭いの違いに気付くことが、隠れた病気を発見するために重要です。

性感染症の一種である外陰カンジダ症は、実は女性なら誰でもなる可能性のある病気です。
と言うのも原因である真菌、つまりカビの一種が人の体内に常に存在しているからなのです。

その真菌がストレスや抵抗力が落ちたりして体調不良になると、暴れ出してしまい、悪さをすると考えられています。

また一時的に良い菌も殺してしまう抗生物質の服用で、カンジダ菌にかかってしまったいう事例も報告されています。

数ある性感染症の中で外陰カンジダ症を見分ける方法があります。そのひとつがおりものの色や臭いなど状態を確認することです。

外陰カンジダ症の症状

外陰カンジダ症にかかると、まずカッテージチーズやヨーグルトのような白いカスが出始めます。

おりものの臭いはそれほど強くはないのですが、かすかにすっぱい臭いがします。それとともに外陰部が強いかゆみに襲われます。

ひどくなると性器の炎症により灼熱感や痛みが出てきます。

原因が真菌なのでパートナーとの性交渉で相手にも移ってしまうので、早めの治療が大切です。外陰カンジダ症の治療は婦人科で行います。

外陰カンジダ症の治療

始めはオキナゾールやエンペシドなどの膣錠を膣内に入れることと、軟膏の塗布が行われます。

また状況によっては膣洗浄が必要な場合もあります。

経過を見る必要があるので、何度か病院に通うことになります。

大抵はこの1サイクルで治ってしまうものですが、しつこいカンジダの場合、たまに再発してしまうこともあります。

あまりに続くときは内服薬が出されることもあります。

徹底的に真菌を膣内から追い出すことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで