性感染症について

ビダール苔癬でおりものの色や臭いは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性感染症の1つに膣カンジダというものがあります。

膣カンジダは、おりものの色や臭いが正常時とは異なり、おりものの色や臭いが変化します。

特徴的で白色で酒かす状やヨーグルト状などと表現されます。

その他に膣や外陰部にかゆみがでたり、外陰部は浮腫、炎症の症状など。

原因としましては、カンジダという真菌で起こり、この菌は健康な人の皮膚や粘膜に常時いる菌で、性行為や糖尿病を患っている方、妊娠でもおこります。

免疫力が低下している時は特に注意が人ようになります。

常在する菌ですので、どんな人でも感染する可能性は否定できませんので、女性性器の感染症の中で頻繁にみられるのも特徴の1つです。

治療法としましては、抗真菌薬の膣錠等を使用します。

クロトリマゾールという抗真菌薬で治療期間は約1週間で完治します。

予防法は、日頃からの健康状態に気を配り、不摂生をしないようにすることです。

他に普段から通気性の良い下着を着用したり、入浴や水泳時などは外陰部をよく乾かします。

また、おりもののシート等は頻繁に交換したりすることがとても大事で、通気性を保つことと清潔性を保つことが重要になってきます。

要は、外陰部を蒸れた状態にしないよう心がけることです。

さらに注意が必要なのは類似した症状の病気があります。

その中にビダール苔癬というものがあります。

ビダール苔癬の特徴

強いかゆみを伴い、患部表面が厚くなり、軽度の発赤や乾いてフケのようにぼろぼろ剥がれ落ちます。

ビダール苔癬の発症原因はカンジダと違って、刺激に敏感な乾燥肌の方になりやすく、特に透析をしている方や糖尿病の方に発症しやすいです。

発祥する部位は、外陰部に限らず、首のうなじや下腿など全身にみられやすいです。

治療法としてビダール苔癬は、カンジダと違い真菌が原因ではないので、ステロイド外用薬を使用します。

予防法は、強い刺激が起こらなようにすることと、特に服などで摩擦が繰り返し起きないように心掛ける事が大事になってきます。

これら2つの病気の鑑別は難しいので、専門医に相談するようするといいでしょう。

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで