茶色・褐色・ピンク

子宮頚がんの概要・治療・生存率について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子宮頚がんは初期段階では自覚症状が殆どありませんが、症状が進行するとおりものの臭いが酷くなり、赤や茶褐色のおりものが増加する傾向にあります。

おりものの変化以外の症状としては下腹部痛・腰痛・排尿痛や、性交時の出血や痛み、また不正出血などが上げられます。

子宮頚がんの特徴としては、40代以降の女性に多く発症しますが、ここ近年では20代や30代の若い世代の女性も発症することが多くなってきており、数ある「がん」のなかでも女性特有の「がん」の中で4番目いに多いといわれています。
(一番多いのは乳がんです)

この子宮頚がんの低年齢化は、年々性体験が低年齢化ことに起因している。

子宮頚がんは初期段階では自覚症状が殆ど無いため、症状が進行し異常なおりもの・不正出血・性交時出血・下腹部痛などといった症状が現れてくるまで気付かなかった、30代になってから自治体のがん検診を受けるまで気付かなかったということも多く、がんの発見が遅れる場合も多い。

子宮頚がんの原因は?

子宮頚がんの発症原因の主な原因は「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスが大きく関与しています。

ヒトパピローマウイルスは性感染するウイルスの一種で、性経験のある女性の大半が一生に一度は感染するといわれているもので、感染しても女性の身体が持つ自浄作用や免疫力によってウイルスを排除される。

しかし、このウイルス(ハイリスクのもの)の排除ができないまま長期間感染していると、子宮頚がんを発症する原因となる。

子宮頚がんの「子宮頚」って?

子宮というものは、子宮の出入り口にあたる子宮頚部と胎児を育てる子宮体部とに分かれます。

この子宮体部の内側にあるのが子宮内膜で、そこから発生するガンが子宮体ガンで、発生する場所から子宮内膜ガンとも呼ばれています。

つまり、子宮の出入り口にあたる子宮頚部に発症するがんを「子宮頚がん」といいます。

子宮頚がんの治療方法

子宮頸がんの治療方法には、「手術をして切除する」「放射線療法」「化学療法」の3つがあります。

早期子宮頸がんの場合には、診断の意味合いも兼ねて円錐切除法を行います。

円錐切除法は、子宮頚部を円錐状に切り取り、がんの検査と治療を兼ねる方法です。

この円錐切除法には高周波メスやレーザーメスも用いられ、出血も少ないので日帰りでできることもあります。

どの治療法になるかは、病状の程度・がんのタイプ・患者の年齢や体調、全般的な健康状態、および将来子供を持ちたいかどうかによって異なります。

手術は、組織の表面のがん(子宮頸上皮内がん)に対するごく限られたものから、頚部を超えて拡大している浸潤がんに対する広汎性子宮摘出術(子宮及び周囲の骨盤リンパ節の摘出)まで様々です。

将来子供を持ちたいと望んでいる場合を除き、子宮摘出術は最も一般的な方法ですが、それ以外の治療法を用いれば、子供を生むことが可能な場合もあります。

子宮頚がんの生存率

生存率とは、がんと診断されてから一定期間後に生存している確率をいいます。

子宮頸がん患者のステージ別の5年間生存率は下のようになります。

  • 0期:90%以上
  • I期:80%以上
  • II期:55~75%
  • III期:30~50%
  • IV期:15%未満

(調査により異なる)

それぞれのステージの説明をしておきます。

0期:子宮頸部の上皮内のみにがん細胞が認められる状態で、非常に早期発見できた場合。

I期:子宮頸部のみにがんが認められ、他の部位に転移していない状態。

II期:がんが子宮頸部を超えるも、骨盤壁または、膣壁の下1/3には達していないもの。

III期:がんが骨盤壁まで到達する、膣壁の下1/3を超える。

IV期:がんが小骨盤腔を越えて拡がるか、膀胱・直腸の粘膜にも拡がっているもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで