妊娠について

妊娠後期のおりもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

妊娠後期・臨月が近づいてくると、期待と不安が入り混じって誰しもソワソワしてしまうものです。

もちろん誰もが安産を望むワケで、少しでも不安を取り除きたい気持ちのはず。

ところが、妊娠すると身体のホルモンバランスが大きく変動しますので、体調・体質も安定しませんし、この大きな「変動」が余計に不安を煽ることもシバシバ・・・

おりものも大きく変化が現れるもので、「あれ?これって正常なの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは妊娠後期のおりものについて紹介していきます。

妊娠するとおりものは増え続けるのか?

妊娠すると一般的にはおりものは増えていくものですが、妊娠後期・臨月に向かってずっと増え続けていくものなのでしょうか?

妊娠初期には普段と比較しておりものの量は増えることが大半で、「え?こんなに?」と驚くほど増える人も結構います。

その後、安定期や中期に入ると、ホルモンバランスも同様に安定してきますので、おりものの量も安定します。
ただ、これは初期と比較するとおりものの増加量が安定しているだけですので、相対的におりものの量は初期に比べて減ったように感じてしまいますが、女性ホルモンの活発な活動は収まるわけではありませんので、やはり量は多いものです。
(稀に、いきなりピタッとおりものが無くなる人もいますが・・・)

後期・臨月に向かうと、更におりものの量は増加します。

出産の準備を体が始めるため、収まっていたおりものが増えてきたなと思ったら、それは妊娠後期・もしくは臨月に入ったということで、おりものが臨月に増えてきたら、出産の兆候、もしくは出産が近いと思ってよいでしょう。

これは安全に赤ちゃんを出産するためのものであり、またデリケートな赤ちゃんを守るためのものです。

つまり、「増加量」でみると妊娠初期~安定期・中期~後期・臨月とおりものが増えていく量に波はあるものの、やはりおりものは増え続けることが多いです。

なぜ妊娠するとおりものは増えるのか?

妊娠初期には、妊娠したことによって身体のホルモンバランスが平常時と比較して大きく変化を起こします。

これは出産に向けて、赤ちゃんを安全に産み出すように女性の体を作り変えるため、女性ホルモンが活発化するのです。

赤ちゃんはとてもデリケートで不安定なので、胎児を病原菌・細菌・雑菌などから守るために、妊娠するとおりものも増えていきます。

また、おりものが増えるのは出産時に赤ちゃんが産道をスムーズに通過できるようにするための潤滑剤のような役割を果たすためなのです。

妊娠中には、女性卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が増えるなど、ホルモンバランスが大きく変動し、新陳代謝が活発化し膣からの分泌物・・・つまり「おりもの」の分泌が活発になります。

おりものは子宮や子宮頚管からの粘液・膣の中の分泌物で、細菌や雑菌・病原菌の侵入を防ぎ、また膣内の老廃物を排出し膣内や子宮、卵巣を守る働きをしています。

妊娠すると、赤ちゃんを安全に・スムーズに出産するために、また細菌・雑菌などから守るためおりものの量は普段よりもかなり多くなり、増えるということです。

後期・臨月の注意事項

妊娠後期にはおりものが増えますが、おりものが増えるとカンジダ膣炎や細菌性膣炎になりやすいので、清潔かつ注意することが大切です。

色やニオイなど、異変に気付いたら婦人科に相談・治療して出産までに治すようにしましょう。

  • おりものの悪臭
  • おりものが茶褐色、黄緑色
  • おりものに血液が混じる
  • おりものが硬くてボソボソしている

上記のような変からあれば要注意です。

また、妊娠後期にはおりものが多くなるものですが、「あまりにも多い」「異状に多い」といった場合には注意が必要ですし、やはり一度婦人科に相談するようにしましょう。

出産時に産道を通る赤ちゃんに細菌が感染してしまうようでは安全に出産はできません。
妊娠後期・臨月のおりものには注意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで