おりものとホルモンの関係

おりものとストレスの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものは女性の体調変化のバロメータといえます。

身体に何らかの変化や以上があればおりものの状態が変わります。

身体の異変やホルモンバランスの乱れ、または生活習慣の乱れなどによってもおりものの変化があり、普段とおりものの色や臭いの変化として現れます。

女性の体は非常にデリケートですから。

それでは、ストレスによってもおりものの変化はあるのでしょうか?

精神的ストレスによるおりものの変化

精神的ストレスによって変化はあるのか?答えは「Yes」です。

精神的にストレスがあるとホルモンバランスに影響を与え、おりものの量が増えることがありえます。

ストレスが直接おりものの変化に影響を与えるわけではありませんが、おりもの自身は女性ホルモンの影響を多大に受けることから、ストレスを受ければホルモンバランスに乱れが起り、おりものに影響を与えるといった具合です。

身体ストレスによるおりものの変化

コチラももちろん「Yes」です。

例えば女性の身体に多大なストレスを与えるイベントとして最大のものは「妊娠」ですが、この妊娠によっても当然おりものに変化はあります。

妊娠すると女性ホルモンの一つであるエストロゲンが大量に分泌され、その影響によっておりものの量が増えるのです。

さらに、妊娠初期と妊娠後期には更におりものの量は増え、これは子宮内に細菌を塚付け内容におりものが増えるのだと言われており、産後であっても生活環境や身体の変化によっておりものが増える女性も少なくない。

また、妊娠・出産でなくても、疲労などによる身体的なストレスによっても、やはり精神的ストレスの場合と同様にホルモンバランスを崩すほどの疲労であれば当然おりものの状態や量・色にも影響が出る。

おりものが増えたときの注意点

ただ単純に「おりものの量が増えた」というだけであれば、さほど問題はありません。

ただし、緑・黄・赤・茶・黒などのような色の変化があっておりものの量が増えた場合や、目に染みるほどのすっぱい臭い・魚が腐ったような腐敗臭がするなど、おりものの臭いがきついものが増える場合には十分に注意が必要です。
(実際そこまで臭いがひどくなくても、普段と違う臭いであれば注意が必要ですが)

「あれ?最近おりものが増えてきたかな?」と感じることがあれば、おりものの色や臭いに注意しましょう。

このような変化があり、おりものの量が増えた場合には婦人科で受診し、普段とどのように色が違うのか・普段とどのように臭いが違うのかを伝えられるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで