おりものと病気の関係

子宮頚管ポリープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子宮頚管ポリープは子宮頚管に小さなこぶができるもので、子宮頸管粘膜の増殖性病変です。

子宮頚管ポリープができるとおりものが増えたり、おりものに血が混ざることがあります。

このおりものに血が混じるというのは、患部に軽く触れるだけで簡単に出血する(ポリープは組織がもろく、やわらかい)ためのもので、自分で患部に触れたり性交時に出血するのはもちろん、スポーツをして体を激しく動かしているときや、また排便時に力んだだけでも出血を伴うことがあります。

逆に安静にして、患部に触れることもなければおりものに血が混じる可能性は低いといえます。

発生の原因は判明していませんが、この子宮頚管ポリープはキノコ型の良性腫瘍で妊娠を経験している30代~50代の方に多く見られる。

がんなどのような悪性腫瘍に変化することはほとんどなく、自覚症状もほとんどありませんが、おりものの量が増えることや不正出血などによって気づくことが多い。

婦人科での検診によって簡単に発見することができ、すぐにポリープを取り除く処置を施すことが可能です。

子宮頚管ポリープの処置

ただ、このポリープを取り除く処置自体は簡単なのですが、妊娠中である場合は子宮頚管に傷や刺激を与える可能性があり、リスクが無いとは言い切れません。

前述の通り、子宮頚管ポリープは発生の原因の解明は今のところ明らかになっていませんが、女性ホルモンのホルモンバランスが大きく関与していると考えられており、子宮頚管ないし子宮内膜がエストロゲン過多の状態が続いている場合にポリープが発生・発生することが多く、おりものの量が増えるのもこのエストロゲン過多によるものと考えられる。

あまりにもおりものの量が多いまたは水っぽい場合(正常なおりものは若干粘りがある)や、長く不正出血が続く場合、性交などによって出血が伴う場合、スポーツ後や排便時などに出血がある場合は子宮頚管ポリープの可能性がありますので、婦人科で受診しましょう。

まとめ

子宮頚管ポリープはキノコ型の良性腫瘍で小さなコブができる。

子宮頸管粘膜の増殖性病変の一種である。

水っぽくおりものの量が増える、またおりものに不正出血が混じる場合がある。

ポリープはやわらかく組織がもろいため、性交時などだけでなくスポーツをして体を動かしたり、排便時に力むだけで不正出血のようになる場合がある

妊娠を経験している30代~50代の女性に多い

悪性腫瘍になることはほとんど無い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで