性感染症について

おりものの色や臭いで尖圭コンジローマに気付く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病には様々な種類がありますが、その中の一つが尖圭コンジローマというものがあります。ご存知ですか?

これは、ヒトパピローマウィルス(HPV)とも呼ばれます。このウィルスには良性と悪性のものがあり、良性型のものが尖圭コンジローマの原因菌となり、悪性型のものが子宮頚がんの原因菌といわれていますが、ウィルスの感染のみでがんになるとは限らないので注意が必要です。

主な感染原因は性行為によるもので、感染率も60パーセントから80パーセントと高いものなので、自分が発症した時にはほとんどの場合が相手も感染しています。

尖圭コンジローマの症状として特徴的なものが、性器周辺にイボができます。これは男性女性ともに同じ症状で、このウィルス自体の自覚症状はイボができることと、女性はおりものが増え、色や臭いに変化が表れるだけですが、カンジダ外炎・トリコモナス膣炎・淋菌感染を伴うことも多いので痛みやかゆみを感じて症状に気付くこともあります。

内側にできることもある尖圭コンジローマ

また、このイボは性器の内側にできることもあります。

その場合にはイボの存在に気付くことができず、知らず知らずのうちに病気が進行し、イボが大きくなり炎症を起こしおりものが増えたり色や臭いが強くなることで病気に気付くこともあります。

オーラルセックスによる感染もするので口腔内にイボができることもあります。

その際には口腔癌を引き起こす恐ろしい可能性もあります。この病気の治療はイボの切除ですが、再発することが多いので多くの人を悩ませます。

性病は感染原因のほとんどが性交渉ということもあり、なかなか病院に行く勇気が起きないものです。ですが、尖圭コンジローマは放っておくとどんどん繁殖し、イボが増えるとカリフラワー状の大きなものになってしまうこともあります。

そのように重症化するまえに恥ずかしがらずに病院で診察・処置をした方がよいです。今では匿名で郵送検査が可能な性病検査キットもありますので、疑わしいと思ったら病院に行く前に試してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで