年代別のおりもの

閉経後のおりもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものは女性ホルモンの影響を大きく受ける。

特にエストロゲンの影響が大きく、女性の身体の成長に伴い年代ごとに変化するものです。

個人差は多いものの、その成長過程では初潮が始まる頃からおりものの量は増加し始め、身体の成長に伴いエストロゲンの分泌も徐々に盛んになってきますので、それに伴いおりものの量も更に増加する。

しかし、ある程度まで成長すると逆にエストロゲン分泌の減少に伴い、おりものの量も減少する。

そのおりものの量の増減の折り返しに当たるのが「更年期」です。

更年期のおりもの

一般的には45歳~55歳くらいまでの更年期に向かう年代ではおりものの量は少なくなってきます。

更年期とは女性の身体変化のサイクルの一つで、閉経をはさむ前後10年のことを言います。

多くの女性は50歳前後で閉経を迎えることから、45歳~55歳くらいまでの年代を「更年期」という。

閉経に向かい徐々におりものの量は減少し、閉経後にはおりものはほとんど見られないのが通常といわれます。

閉経後の自浄作用

閉経後にはほとんどおりものが見られないため、膣を守る自浄作用がほとんどなくなるといえます。

エストロゲンの分泌が活発で、おりものの量が多い時期には自浄作用により膣内に侵入する細菌や雑菌または寄生虫などから膣・子宮を守る自浄作用がありましたが、閉経後には分泌物が減るためこの自浄作用にも乏しくなるために細菌感染を起こしやすい。

逆に閉経後に「おりものの量が増えた」ということがあれば、老人性膣炎を引き起こしている可能性があります。

老人性膣炎

前述の通り閉経後はおりものの自浄作用が乏しいため、細菌の侵入を許してしまう場合があります。

これが老人性膣炎で、閉経後おりものがほとんどなくなったはずなのに、何らかのきっかけでおりものが増加した場合にはこの老人性膣炎の可能性がある。

またおりものによる自浄作用だけでなく、閉経後には粘膜が老化・萎縮することによって内部が荒れてきて炎症も起こしやすい状態です。

老人性膣炎では黄色いおりものが出て悪臭を伴う場合がありますが、ピンクや茶色である場合には不正出血により血が混じっている可能性がありますので、婦人科で受診する必要があります。
(併せて子宮がん検診も受けましょう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私もしかして臭ってる? : どうすればいいのか教えます

あなたに「え?私もしかして臭ってる?」という不安を解消するページをご用意しました。

おりもの・デリケートゾーンが臭うのには原因があります。イザというとき簡単に臭いを軽減する方法があれば興味がありませんか?
是非あなたの臭いの悩み解消にご活用ください。

おりものの嫌な臭いを軽減する方法

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで