デリケートゾーン

すそわきがに注意!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

すそわきがという言葉にはなかなか馴染みがない人が多いと思います。わきがというと多くの人はワキからツンとした独特の臭いがすると認識しているのではないでしょうか。

実はデリケートゾーン、つまり陰部からわきがと同じ独特の臭いがする症状がありこれをすそわきがといいます。この場合はおりものの臭いと混ざって魚やチーズのような臭いがします。

ワキのように鼻に近い部位ではないために他人から指摘を受けて始めて気づく人も多いのですが、そもそもすそわきがだと認識している人が少なかったり恥ずかしいなどの理由のために適切なケアができていないことが多いのです。

原因はわきがと同じく汗でアポクリン腺から発生したコリネバクテリウムという細菌が繁殖をして強い臭いを発しているためと考えられています。

汗は本来臭いがないものなので、多くは雑菌による臭いが原因です。

それではどのように臭いをケアすれば良いのでしょうか。

デリケートゾーンは基本的に湿度が高くなっている状態であり雑菌が繁殖しやすい環境にあるのでお風呂で石鹸を使って洗い、常に清潔にしておくことが大切です。

しかし陰部は膣内にバイキンが入るのを防ぐために乳酸菌で酸性に保たれているため洗いすぎは逆によくないので優しく洗いましょう。

石鹸とすそわきが対策

石鹸は、中でもジャムウソープというハーブの花や根、種や果実でできたインドネシア産の石鹸は刺激が少なくデリケートゾーンにぴったりで、すそわきがに効果的だと今注目されていますので試してみる価値があると思います。

そして体臭は食事の内容によっても変わってくるので、なるべく強い臭いのある食べ物や肉類は控えたほうが良さそうです。

体をデトックスさせるイメージで野菜を中心に水分をたくさん摂って老廃物があまり出ないようにします。

軽い症状ではセルフケアで改善する場合がありますが、重度の症状になると医療機関に相談するのもひとつの方法です。

すそわきが治療

毛根のそばにあるアポクリン腺を電気で消滅させる電気凝固法、陰部の汗を抑えるボトックス注射などがあります。

電気凝固法は針を使っての施術になるため、跡が残らないメリットがありますが数回治療を受けなければならないので手間がかかります。

ボトックスは注射だけなので日常生活に支障は出ませんが効果の持続期間は約6ヶ月といわれています。

わきが治療でおこなわれているような切開術は、すそわきがでは滅多におこなわれていません。

一度気になるとそのことばかり考えてしまうデリケートゾーンの臭い、正しい知識を持ってケアしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

たった3日でデリケートゾーンの匂いを改善する方法

ほんの数日でデリケートゾーンの匂いがだいぶ軽減され、1週間も経つとおりもののニオイがほとんど気にならなくなったことを実感しました。

実は普通のボディーソープで体をガシガシ洗うと臭いがキツくなるもの。それは、汚れと一緒に体のにおいを「良い匂い」にしてくれる表皮ブドウ球菌まで減らしてしまうため・・・

女性らしい「良い匂い」を保つには、洗いすぎは禁物!

それでは、どうすればデリケートゾーンの臭いが気にならなくなるのかお教えします。

ロンタル ハーバル ジェルソープとは?

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで