性感染症について

おりものの色や臭いに変化がある場合は、雑菌性尿道炎の恐れも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性行為による、いろいろな症状については、正確な知識が必要。

間違えた知識の中で行う性行為やその処置方法では、かえってその症状を悪化させてしまう恐れがあるのです、自分では良かれと思っての処置が逆効果だったり・・・。

性行為を原因として、女性の身体に起こる症状としては、おりものの色や臭いに変化が起こる場合ががあげられ、この場合は、雑菌性尿道炎に感染している場合が考えられますね。

雑菌性尿道炎に感染すると、症状が出るまでには、1日から10日間程度の時間をようするとされています。

また、治療期間は、最低1週間から2週間程度とされています。

雑菌性尿道炎の症状

雑菌性尿道炎に感染した場合、男性には、排尿時に痛みを伴う場合がありますが、女性においては、目立った症状はなく、おりものの色や臭いに気が付かなければ、その感染にすら気が付かない場合がありますので、注意が必要であります。

治療としては、何よりも患部を清潔に保つことが大切であるとされています。

少しでも違和感を感じた場合には、戸惑うことなく、医療機関に行き、専門医に診てもらうことが必要であるとされています。

自分自身の勝手な判断で、服薬したりすることも避けたほうがいいとされています。

雑菌性尿道炎の予防策は?

冒頭でも申し上げましたが、間違った対処により、かえって症状を悪化させる場合がありますので、正しい知識が必要であるといえます。

今般では、男女間による自由な性行為が行われています。快感を求めるあまりに、コンドームなどの避妊具を着用したり、適切に避妊薬を飲むなどの予防を怠りがちになるケースが多いとされています。

これらの準備をしてから、性行為を行った場合、ほとんどの場合は、性感染症を予防できるとされています。

また、今般のインターネット社会の到来により、性感染症に関連した、医薬品などが多く出回っています。

また、個人輸入を行うサイトなどから、比較的容易に輸入医薬品も手に入れることが可能になってきました。正確な知識を持たないまま、医薬品を服用することは、危険な行為といえますので、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで