子宮内膜症

子宮内膜症の症状と検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子宮内膜症では、おりものの変化(色や臭い)はほとんどありません。

黄色いおりものが・・・と、いう例もありますが全ての人に当てはまるワケではありませんので、子宮内膜症の症状はおりものの変化は極僅かといえます。

子宮内膜症の代表的な自覚症状は生理痛で、年々強くなってくる特徴がありますが、これにも個人差が多く、ほとんど痛みを感じない(自覚症状がない)ままに重篤な症状にまで悪化される方や、逆に日常生活に支障をきたすほどの生理痛があっても暴走の特定ができない方もいらっしゃいます。

自己判断は難しい病気ですので、気にかかることがあれば癌検診もかねて病院に相談したほうがいいですね。

また、生理痛以外の代表的な子宮内膜症の自覚症状として下記のようなものがあります。

  • 下腹部痛
  • 腰痛
  • 吐き気
  • 下痢症状
  • 頻尿
  • 性交痛
  • 不妊状態

いずれの症状も単独で子宮内膜症であると判断するのはほとんど無理に等しいので、何か気になるような点があれば医師に相談しましょう。

子宮内膜症の検査

検査の流れは医療機関によって異なりますが、概ね問診票の記入、問診、内診を経て医師の判断によりそれぞれの検査を行います。

子宮内膜症の検査としては代表的なものに超音波検査、血液検査、MRI/CT検査などが実施されます。

問診票の記入

初診時にはまず問診票の記入をします。

問診票ではその後の問診~内診~検査をスムーズに進めるために、自身や家族を含めた病歴、また過去に受けた手術、アレルギーの有無などを記入します。

特に子宮内膜症の不安があって受診される方は、症状や気になる点、また生理に関すること(初潮年齢や周期など)、中絶・流産・出産経験の有無や回数など、できる限り詳しく書くようにしましょう。

問診

問診は医師が患者に直接自覚症状や今までかかったことのある病歴について聞いて行う診療法です。

自覚症状があるならなるべく詳しく(痛みや変化など)伝えられるようにしましょう。

特に「いつから?」「どんな風に?」「以前と比べてどのように?」など、事前に伝えることをある程度纏めておいて、意思に詳しく伝えることができるように用意しておくことは、子宮内膜症の判断に大きく影響しますので、準備してからいくようにしましょう。

内診

内診は産科や婦人科で行われる診察方法で、指または器具を挿入して膣や子宮口の状態を確かめます。

恐らく女性が一番嫌がる検査の代表格ですが、この内診によって子宮の状態(位置・大きさ・堅さ)や、周囲との癒着の有無を触診したり、膣鏡による観察によって子宮内膜症の正確な診断に欠かせない医療行為であるといえます。

なるべく検査しやすい衣服を選ぶと良いでしょう。

パンツスタイルやタイトなスカートよりは、ユッタリとした長めのスカートなどがオススメです。

検査

内診の結果により、症状の詳しい検査をするために超音波検査、血液検査、MRI/CT検査などが必要となる場合があります。

超音波検査

身体の表面から超音波を当て、帰ってくるエコーにより身体内部の断面を映像化し、診断します。

検査部近辺にゼリーを塗り、超音波を発生・受診するための器具(プローブ)を当てるだけの検査ですので、全くの無痛検査です。

検査前には食事を取らないようにしますが、検査の数時間前までであれば水分補給程度であればOKです。

血液検査

この血液検査は「子宮内膜症であるかどうか?」を判断するためのものではなく、あくまで検査の補助的に行われます。

血液を採取し、血液中に含まれるCA125という物質の量を測定ます。

このCA125という部室は子宮内膜症であれば上昇することが多いのですが、患者の方には子宮内膜症であっても殆ど数値が上昇しない方もいらっしゃいますので、どちらかと言うと病状の監視として使われることが多い。

また、逆に高い数値であれば症状が重篤だというわけでもありませんので、あくまでも検査の補助的なものといえます。

MRI/CT検査

一般的な子宮内膜症の検査では、問診・内診・エコー検査・血液検査までの検査で診断しますが、病状が重篤なものだと考えられる場合はMRI/CT検査を行います。

MRI検査は筒状の空洞型装置にベッドごと頭から入って、磁気と電波によって患部の断面画像を撮影する検査です。

狭いところに入っての撮影に加えて大きな音がしますので、撮影時に緊張される方も多い。

CT検査は身体にX線を照射し、コンピュータによって身体の断層を予測・映像化する検査です。

MRIとCTとではどちらが優れているかということはなく、どちらにも利点や苦手なものがある。

例えばX線は骨を通過しにくい性質があり、子宮内膜症は骨盤周辺の詳細な診断をする必要があるため、患者さんの状態によってMRIとCTの使い分けが必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで