おりものの異常

不正出血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不正出血は少量であっても無視してはいけません。

おりものに血が混じっていたとき、それは病気などの身体の異常を示すサインかもしれませんので、「少しだからいいや・・・」とか「たまに血が混じっている程度だから・・・」と簡単に考えていると深刻な状態に近づいていることを見過ごしてしまう可能性があります。

まず、不正出血には大きく2つ「機能性出血」と「器質性出血」に分類され、機能性出血はホルモンバランスが崩れたときに起りやすく、卵巣の機能が不安定またはその機能が衰えた場合に出血する。

もう一つ器質性出血は、子宮・卵巣・膣における腫瘍や炎症などの異常や傷ができてそこから出血するもを言います。

前者の機能性出血は身体のホルモンバランスと密接な関係にありますので、排卵日の前後や更年期の年代にも出ることがありますが、ストレスや不規則な生活習慣によってホルモンバランスが乱されおりものに不正出血が混じる場合があります。

後者の器質性出血は何らかの身体の異常を示すサインで、おりものに不正出血が混じる代表的な要因として「子宮頸管炎」「子宮頸管ポリープ」「子宮膣部びらん」「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮内膜炎」「子宮内膜ポリープ」「子宮筋腫」「子宮頸がん」「子宮体がん」などが挙げられます。

さらにこれらの病気の中は良性と悪性に分類され、良性であれば適切な治療によって完治しますが、悪性のものであればその症状は重篤な状態であるといえます。
(悪性のものは例えば「子宮筋腫」「子宮頸がん」「子宮体がん」などです)

まずは受診が大切

いずれにしても少しでもおりものに不正出血が見られるようであれば、なるべく早く婦人科などで診察を受けることが大切ですし、素人の目でおりものの状態を見るだけで病気なのかそれとも異常がないのかを自己判断することはできません。

先ほども挙げたような重篤な病気が発見される可能性もありますので、婦人科を受診したほうがいいでしょう。
(できれば受診時に基礎体温表を用意しておきましょう)

一般的には生理が終わってからしばらくすると排卵期に入りますので、この時期にはおりものに血が混じることがありますが、だいたい数日で出血が止まることがほとんど。
この場合はあまり気にする必要はありませんが、性交時の出血や、あまりにも出血が多い場合や出血が1週間以上続く場合は特に注意したほうがいいでしょう。

また、月経時期と次の月経時期との中間でおりものに不正出血が見られる場合がありますが、これは排卵期に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が一時的に低下することによって起る出血で、この場合の出血は生理的なものだといえ、これを「中間期出血」といいます。

この中間期出血は、あくまで生理的な出血ですので、あまり気にする必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで