性感染症について

子宮頚管ポリープとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ポリープ」というものは、簡単に説明するとキノコのような形状の突起だと思ってください。

このキノコ状の突起であるポリープは粘膜が増殖してできたもので、やわらかく、傷つきやすい。

がんなどの悪性腫瘍と混同される方も多いようですが、ポリープは良性の腫瘍ですから、殆ど気にする必要はありません。

ここで子宮頚管ポリープとは、子宮頚管(子宮と膣の間の管)の粘膜が増殖してできたポリープのことであり、30代から40代の女性に多く見られるものです。

子宮頚管ポリープはやわらかく、赤みを帯びており、子宮口から膣に向かって垂れ下がるようにできます。

殆どの場合単発でポリープができますが、稀に複数個できることもあり、その大きさは数ミリ程度、大きいものになると2センチから3センチ程度まで成長する場合もある。

子宮頚管ポリープの症状・特徴として、おりものの量が増加や、出血を伴う場合もあり、生理後・激しい運動の後の出血や、また性交時にも出血を伴う場合がある。

子宮頚管ポリープの検査

基本的には子宮頚管ポリープは悪性のものではないので、放置しておいても大丈夫なのですが、妊娠には悪い影響を及ぼしかねませんので、婦人科検診等で検査されることをオススメします。

検査には子宮鏡などを使い診察するのですが、子宮頚管ポリープは比較的簡単に確認できるものですので、検査及び診察自体もごく簡単に行える。

子宮頚管ポリープの手術

子宮頚管ポリープが認められたら除去する手術を行います。

手術も検査と同様に簡単なもので、短時間で終了するもので、一般的にはポリープの切除を行い、その後ポリープ自身の組織検査を行い良性か悪性かを検査します。

ポリープの大きさによって切除方法は異なりますが、小さい場合は鉗子という器具で簡単に取り除くことができます。

大きいものになると、ポリープの根元も太くなりますので手術によって切除という方法になります。

また、子宮頸管ポリープは再発することが多く、取り除いてもまたポリープが形成されることが多くある。

再発の要因としては、ポリープの形成の原因となった炎症が治まっていない場合に再形成されたり、ポリープの切除の際に根っこが残っていたりした場合などが挙げられる。

子宮頚管ポリープの除去を受けても再発することは多いので、定期健診が重要であるといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで