おりものとは

おりものの正常な状態とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

意外かもしれませんが「おりもの」について悩む女性は多いもので、婦人科へ寄せられる相談の大部分をおりものに関する悩みが占めているそうです。

おりものはほとんどの女性にあるものですが、それでも悩みは尽きないもの。

まずは「おりもの」の正常な状態を知れば、安心かもしれません。

それではおりものの正常な状態とはどのようなものなのでしょうか?

正常なおりもの

正常な状態とは無色透明または半透明で卵白のような状態でほぼ無臭です。
(若干すっぱい臭いがするのは正常な範囲です)

乾くとポソポソとしたクリーム状になり、下着やナプキンに付着すると黄色なります。

また、おりものが付着した下着がパリパリになるのはたんぱく質が固まっただけですので、心配はありません。

当然のことながら痒みや痛みは伴わないのが正常な状態といえます。

おりものの役割

それでは「おりもの」とは何のために存在しているのでしょうか?

おりものは子宮や膣、汗腺からの分泌物が交じり合ったもので、少し細かい話になりますけど膣壁からの分泌物や古い細胞、またバルトリン腺や皮脂腺からの分泌物です。

それらが溢れ混合されたものが「おりもの」の正体であり、分泌されたおりものは以外に長い時間膣内に滞在します。

その「おりもの」の役割は大きく二つ。

膣、子宮を守る

おりものは乳酸菌により酸性に保たれており、この酸性のお陰で細菌・雑菌などの侵入を阻みます。

この乳酸菌はデーテルライン桿菌といい、自浄作用をもちます。

つまり侵入を拒み、侵入してしまった雑菌はおりものと一緒に排出されます。

おりものの臭いについて「無臭」と前述しましたが、この乳酸菌によって若干すっぱい臭いがすることもありますので、少々のすっぱい臭いは正常であるといえます。

妊娠の手助けをする

おりものが排卵時に分泌量が増えるということは精子の通過を助ける役目を果たしているということ。

排卵時に精子が通過しやすいように道を作ってあげる働きをしているということ。

また、スムーズに性交ができるように潤滑剤の役割を果たすということも、妊娠の手助けの一つであるといえます。
(これは主にバルトリン腺と膣分泌液の役割)

たった3日でデリケートゾーンの匂いを改善する方法

ほんの数日でデリケートゾーンの匂いがだいぶ軽減され、1週間も経つとおりもののニオイがほとんど気にならなくなったことを実感しました。

実は普通のボディーソープで体をガシガシ洗うと臭いがキツくなるもの。それは、汚れと一緒に体のにおいを「良い匂い」にしてくれる表皮ブドウ球菌まで減らしてしまうため・・・

女性らしい「良い匂い」を保つには、洗いすぎは禁物!

それでは、どうすればデリケートゾーンの臭いが気にならなくなるのかお教えします。

ロンタル ハーバル ジェルソープとは?

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで