おりものとホルモンの関係

おりものと2つの女性ホルモンのバランス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものは女性ホルモンと密接な関係があり、おりものの多さや状態は変化します。

一般的に排卵前などはおりものの量は増えて粘りがあり、排卵後には量が徐々に減っていき、月経後などは量は少なめになりサラッとしてきます。

年齢的には20~30代くらいでおりものの量は増えていき、40代以降閉経に向けて女性ホルモンの分泌量が減少することに伴いおりものの量も減っていく。

このようにおりものは女性ホルモンのバランスによって変化するといえます。

それでは、そもそも女性ホルモンとは一体何なのかを少し勉強していきましょう。

世間で「ホルモンバランス」という言葉をよく耳にすると思いますが、このバランスとは女性ホルモンの中で「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」のバランスのことを言います。

月経周期にあわせてこの両者のバランスは大きく変化し、排卵前には卵胞ホルモン(エストロゲン)の増加のピークを向かえ、排卵後に黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加のピークをむかえます。

つまり、おりものの量は卵胞ホルモン(エストロゲン)の量に伴うといえます。

二つの女性ホルモンとおりものの関係

「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」のそれぞれの働きは以下のようなものがあります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)・・・女性らしい身体を作る・卵胞を成熟させ受精しやすいようにする・受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする・血の流れをスムーズにして肌に潤いとハリを保つ・月経を起こす・動脈硬化を防ぐ・善玉菌を増やす・骨にカルシウムを蓄える
など

黄体ホルモン(プロゲステロン)・・・受精卵の着床にそなえて子宮内膜を厚く、やわらかく整える・体温を上げる・乳腺の発育を促進させる・身体を妊娠出産できるように整える
など

女性の身体が正常であれば、この女性ホルモンのバランスが保たれ「女性らしい身体」を保つことができますが、このバランスというのは実に微妙なバランスでほんの少しの要因で崩れ、身体に影響を及ぼします。

この絶妙なバランスを守るためには、簡単なようで難しいことですが「規則正しい生活習慣を送る」ということが大切です。

ストレスを溜めない・食事の量と時間を規則正しく・十分な運動・適切な睡眠をとる・・・などです。

ホルモンのバランスによっておりものの量や状態が変化するということは、逆に言えばおりものの量で女性ホルモンの活動が正常に行われているのかを判断するバロメータにもなりえるということです。

おりものの状態を観察することによって、自分自身の月経周期を知ることの目安にもなりますし、臭いや状態によって体調不良のサインを知ることができます。

おりものと女性ホルモンは密接な関係があるということと、自分自身の日々のおりものの変化を知っておくことは大切です。

ホルモンの働き

女性ホルモンの働きは妊娠が不成立である場合、脳の視床下部から卵胞ホルモンと黄体ホルモンの濃度を低下させ、脳下垂体に対して卵胞刺激ホルモン(FSH)を分泌させ卵胞を熟成するように指令を出します。

卵胞では、成熟した卵胞が卵胞ホルモンを分泌させ、それに伴い体温上昇し、視床下部から脳下垂体に対して黄体化ホルモン(LH)を分泌させ、排卵を促す。

子宮では卵胞ホルモンと黄体ホルモンを分泌させ、妊娠するのに適した環境を構築するが、妊娠が不成立だった場合には双方減少する。

この卵胞ホルモンと黄体ホルモンの減少は、黄体ホルモンにより体温低下が還元され視床下部から脳下垂体に卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌抑制の指令を出す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私もしかして臭ってる? : どうすればいいのか教えます

あなたに「え?私もしかして臭ってる?」という不安を解消するページをご用意しました。

おりもの・デリケートゾーンが臭うのには原因があります。イザというとき簡単に臭いを軽減する方法があれば興味がありませんか?
是非あなたの臭いの悩み解消にご活用ください。

おりものの嫌な臭いを軽減する方法

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで