性感染症について

水膨れやしこりと「ヘルペス病変部」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものの量が急に増えてしまったときには注意して観察するようにしているのがいいですが、色や臭いも伴ってくるとヘルペス病変部などの性病を疑ってみるのが無難です。

心当たりがない場合であったとしても、おりものの色や臭いなどの症状次第では医療機関で診てもらってみるのが一番だといえます。

おりものに異常な症状があっただけでは性病とは言い切れないのですが、年齢が若い人だと代謝が活発になってくるために異物が増えやすくなってくるのも特徴的です。

おりものの色や臭い、量などは個人差も出やすい部分であるものの、健康でも透明から白や黄色いおりものまで出たとしてもよくありがちだったりもします。

誰でも元から持っている常在菌が増えたとしても同じような症状がでてしまうこともありますが、体質的に変化しやすい人も少なくないです。

ヘルペス病変部の対処

炎症を起こしていたり、膿が混じってきているなどとヘルペス病変部などの性病に多い症状が見られた場合には、自己判断するよりも医者に診察をしてもらうのが正確な診断をしてもらうのにはベストです。

避妊していても性病にかかってしまうことはないとは言えないですが、なるべく複数の避妊法を試していると性病になってしまうリスクも少なくなってきます。

出血も炎症が起きている状況であれば、その傷から出血していたりもしますが、何が原因から来ている症状なのかを絞り込むのには検査ではっきりとできます。

原因が性感染症ではなくても、ストレスや疲労などによって免疫力が落ちてきたせいで体調不良になっているケースもあり得ますが、専門的な治療を受けてみると心配している点もなくせます。

婦人科で受診してみると確実なところを知ることができますが、現在の症状が悪化する前に治療に取り掛かれたりと利点も増えやすいです。

色や臭いに異変が起きているほかにも水膨れになっていたりとしこりができているなどあると、その部分を調べてもらう必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで