性感染症について

性感染症の代表的な例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おりものの量や臭いに変化があると、性感染症の疑いがあります。

女性ホルモンの影響などによって量の多い・少ないや、また臭いに変化があるのは普通のことですが、日頃のおりものの状態を観察して「あれ?」「普段と違う?」と思うようなことがあれば何らかの異常、もしくは性感染症の疑いがあります。

特に色が透明や乳白色とは異なる場合、また極端に悪臭のする場合などは注意が必要です。

様々な性感染症の種類や症状によっても色や臭いは異なりますし、個人差は大きいので一概には言い切れませんが、代表的な例を下記に紹介します。

カンジダ

カンジダ真菌という菌が増殖したもので、ストレスや体調不良によって発症する場合がある。

おりものの色は黄色、緑色、茶色、灰色になり強い臭いがする場合がある。

また、おりものの量が増えることが多く、泡立ったり酒粕のようなおりもの。

トリコモナス

トリコモナス原虫による性感染症。

黄白色で泡立ったようなおりものになり、粘り気を伴う。

おりものに悪臭があり、外陰部に痒み。

淋病

細菌性の性感染症で子宮頚管や尿道などで増殖する。

おりものの色は症状や増殖した最近の種類によって異なりますが、黄色や黄緑または茶色のときもあります。

おりものの量はが多くなる場合が多く、症状が悪化すると濃い黄色の膿が出る。

クラミジア

人によっては全くおりものに変化が現れない場合もありますが、ピンクや茶褐色になる。

感染力が非常に強く、日本での性感染症の感染者が最も多い病気です。

性器ヘルペス

水泡ができて性交時などに痛みを伴う場合があり、この水泡が破れると激しい痛みを伴う。

症状が悪化していると排尿が困難なほど。

織物の色は黄色っぽい場合が多いが、時に茶褐色。

雑菌性尿道炎

クラミジアや淋病とはことなり、その名の通り雑菌によるもの。

おりものの変化は少ないが、量が増えたり白っぽい膿が出る場合がある。

自覚症状も少なく、おりものの変化も乏しいため感染に気付かない場合が多いが、炎症が悪化すると黄色い膿が出る。

クラミジアに続き日本で感染者数の多い性感染症の一つ。

軟性下疳

性器部にコブ状の潰瘍ができ、足の付け根のリンパが腫れる。

おりものの量が増え、黄色っぽくなる場合がある。

梅毒

トレポネーマという病原菌による皮膚感染(皮膚や粘膜の小さな傷から)する。

初期には性器にしこりができ、進行すると全身に小さな斑点が出る。

黄色い膿状のおりものが出る場合がある。

ヒト・パピローマ・ウイルス

女性なら一生に一度は感染するといわれる感染症。

おりものは強い悪臭で時に血が混じることもある。

ヒト・パピローマ・ウイルスに感染しても自然に治癒する場合もあるが、治癒されず長期間放置すると子宮頸がん発症に繋がる。

また尖圭コンジローマ、肛門がん、膣がんなどの発症に関与する。

性病検査キットならクラミジアもエイズも誰にも知られずに自宅で確認できます

あなたに「え?わたし性病かも?」という不安を解消するページをご用意しました。

エイズ・クラミジア・カンジダ・淋菌・トリコモナスなど、性感染症の不安はあっても婦人科で受診するのは抵抗がありますよね。
是非あなたの不安解消にご活用ください。

紹介ページを詳しく見てみる

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで