おりものと菌の関係

おりものシートを常用してもいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

毎日おりものシートを常用することは、実はおりものが増える原因になる場合があります。

おりものは毎日出るのが普通ですが、下着の汚れや不快感を気にするあまりおりものシートを毎日利用していると、おりものシート自体は通気性が悪いものが多いため、雑菌の繁殖を招きおりものが増えたり炎症を引き起こす原因にもなりかねません。

「私はおりものが多い」と自覚されている方の多くはおりものシートを利用されている割合が高く、おりものシートは通気性を悪くする要因となるため蒸れの原因になり雑菌や細菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

おりものが多くて、おりものシートの利用頻度の高い方は、なるべく通気性の良い(例えば綿製のもの)下着や、布ナプキンを利用することをオススメします。

また、どうしてもおりものシートを利用せざるを得ない場合は、こまめに取り替えることを心がけましょう。

なぜおりものの量が増えるのか?

もともと「おりもの」にはデーテルライン桿菌という善玉菌がいて、このデーテルライン桿菌が雑菌や細菌またはカビなどから膣を守る働きをしています。

ですから、おりものは毎日出ていて普通ですし、このおりものによって膣が清潔に保たれるのです。

デーテルライン桿菌は膣の中を弱酸性に保ち、前述の「雑菌や細菌またはカビなどから膣を守る働き」をしていますが、生理前後や身体の抵抗力が落ちているとき、または抗生物質を服用しているときなどにはこのデーテルライン桿菌の働きが弱まり、雑菌や細菌の繁殖を招きます。

このデーテルライン桿菌の働きが弱まっている場合には、膣内の雑菌のためにおりものの色が変わったり、炎症を起こして血が混じるなどしておりものに変化が現れ、また身体機能として細菌や雑菌に対抗するためにおりものの量が増えたりします。

膣内に細菌や雑菌が繁殖しやすいであれば、やはりおりものの量は増えることがあります。

つまり、膣内に何らかのトラブルがあればおりものの量が増えることがあるということです。

どうしても「おりものの量」が気になる場合

生理前後や身体の抵抗力が落ちているとき、または抗生物質を服用しているときなどデーテルライン桿菌の働きが弱まり、細菌や雑菌の活動が活発化するために、おりものの量が増えることがあります。

同様におりものシートを多用して、蒸れの原因を作り、細菌や雑菌が繁殖しやすい環境になるとやはりおりものの量が増える原因になります。

ですから、おりものの量が気になるのであれば、おりものシートを利用するのではなく、膣の中を清潔に保つことと通気性を保つことが重要です。

どのような病気に対しても言えることですが、規則正しい生活習慣を守ること、バランスの良い食生活(甘いものばかり食べたりしない)、適度な運動によって体力をつけるといったことも大切です。
これはデーテルライン桿菌の活動を守り、ホルモンバランスの乱れを抑制することによって身体機能、ひいては「おりものの正常化」に繋がります。
正常なおりものとは、無色透明または半透明で卵白のような状態でほぼ無臭です。

どうしてもおりものの量が気になるようであれば、おりものシートを多用するのではなく、布ナプキンを利用する、またはハンカチなどを取り替えて利用するといった方法がオススメですね。

私もしかして臭ってる? : どうすればいいのか教えます

あなたに「え?私もしかして臭ってる?」という不安を解消するページをご用意しました。

おりもの・デリケートゾーンが臭うのには原因があります。イザというとき簡単に臭いを軽減する方法があれば興味がありませんか?
是非あなたの臭いの悩み解消にご活用ください。

おりものの嫌な臭いを軽減する方法

「おりもの.me」とは

当サイト「おりもの.me」では、おりものに関する情報、色・臭いに関する情報や性感染症などに関する情報や疑問などについての情報を掲載しております。
// 忍者ここから(現在停止中) // // 忍者ここまで